亀梨和也、東野圭吾「手紙」で主演“初めての角度で”

芸能総合 公開日:2018/05/02 88
この記事を
クリップ


Q2.東野圭吾作品は、これまでもたくさん映像化されておりますが。

東野圭吾さんの作品は、社会性やテーマ・メッセージ性がある作品が多いので、自分がその作品に参加させてもらえることを非常に嬉しく思っています。

Q3. 犯罪加害者の家族という、今までに演じられたことのない役どころですが、役作りや心がけていることは?

役作りに関しては、あまり用意しすぎないほうがいいかなと思っています。まずは監督の指揮にしっかり反応できるようにいられたら。その中で、目の前で起きている事、感情、そういうものに敏感でいたいなと思います。そしてそれを自分がどう捉え、表現できるかということを大事にしたいと思います。撮影中は何かに悶々とする時間になると思うので、それを抱えられる自分でいたいと思っています。

Q4.亀梨さんが考える武島直貴の人物像は?

事件の当事者なのか何なのか…とても難しい立ち位置にいる人物ですよね。決してスポットライトを浴びるようなキャラクターではない。そこがこの作品が持っている魅力であり、メッセージなのだと思いますが。僕自身、その難しさ、もどかしさにハマっていけたらと思っています。

Q5.視聴者へのメッセージをお願いします。

ドラマの時代設定は原作よりも現代的に、2018年の今の時代に沿った内容になっています。誰もが直貴の兄・剛志のような加害者になり、そして被害者になりうる要素を持っている。それも、無意識のうちに…。この作品の出来事以外にも、どんな些細なシチュエーションでもそうなりうる時代だからこそ、このドラマを通して、視聴者の皆さんに何かを感じてもらえれば、そんな作品にできればと思っています。

<原作者コメント:東野圭吾>
『手紙』は、私自身が答えを探しながら書き継いでいった作品です。亀梨さんも、演技を通じて何らかの答えを発見されるのでは、と思います。

<プロデューサーコメント:田辺勇人(テレビ東京制作局ドラマ制作部)>
強盗殺人犯の兄を持つ弟の運命を、兄弟の手紙を通して丁寧に紡いでいく東野圭吾さんの『手紙』は、「社会から差別はなくならないという現実」「善悪では判断できない人間の本性」が描かれています。今作は、原作を踏襲しつつ、意見や映像を誰もがSNS上で発信できる現代性を取り入れ、犯罪加害者の家族が直面する現実を、幅広い視聴者層に届くエンターテインメントドラマとして制作します。主演には、アイドルとして圧倒的なパフォーマンスで存在感を放ち、俳優としても強く、そして繊細な感情表現を魅せる亀梨和也さんをお迎えします。亀梨さん演じる直貴がどのような目で、どのような感情で、どのような言葉を発し、世の中を生きているのか…。今まで亀梨さんが見せたことのない姿にも注目です。発行部数240万部を超える東野圭吾さんの『手紙』を、亀梨さん主演でドラマ化する。プロデューサーとして身震いするほど嬉しいことでもあり、大きな責任とプレッシャーを感じています。今後発表されるキャストのみなさんやスタッフと共に、記録にも記憶にも残る作品にしたいと思っています。ぜひ、ご期待下さい!

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。