北原里英 主演舞台上演決定、沖田総司の十代目引き継ぐ

芸能総合 公開日:2018/04/24 60
この記事を
クリップ
}/

「演劇界の風雲児」と呼ばれ、戦後の昭和そして平成の演劇界に一時代を築いた、偉大な劇作家・つかこうへい生誕70年にあたる今年、命日でもある7月10日を挟み、つかこうへいの本拠地紀伊國屋ホールで生誕70年記念特別公演として「新・幕末純情伝」FAKE NEWSを上演することが決定した。




本作は、幕末の京都を舞台に、新撰組の沖田総司が実は女だったという、つかこうへいのユニークな着想のもと、1989年8月幕を開けた。今回、紅一点、沖田総司の十代目を引き継ぐのは、今春AKB48グループを卒業したばかりのNGT48元キャプテン北原里英となる。

演出には、フジテレビドラマ制作部ゼネラルディレクターで、日本のトレンディドラマの産みの親である河毛俊作氏が、全く新しい観点からつか文学の立体化にあたる。

その他出演は、沖田総司の相手役・坂本龍馬に、今年の「熱海殺人事件」でその実力を見せつけた味方良介、昨年ノンバーバル劇「アラタ」に鮮烈な登場をはたし、その殺陣の腕前を披露した小松準弥、若手俳優の中ではもはや重鎮に成長した細貝圭、そして2,5次元演劇で活躍する田中涼星、戦国BASARAの真田幸村役でお馴染みの松村龍之介、α-X's(アクロス)を卒業したばかりの増子敦貴、など若々しくみずみずしい俳優陣が集結する。

公演は、7月7日(土)~30日(月)紀伊國屋ホールにて上演される。チケットの一般発売は2018年5月26日(土)からの予定。その他の詳細情報は、公式HPにて要チェック。

この記事の画像一覧

関連タグ