”バブリーダンスの女神”伊原六花、初代センチュリー21ガールに抜擢

芸能総合 公開日:2018/02/13 65
この記事を
クリップ
}/

センチュリー21の新しいイメージキャラクター、初代“センチュリー21ガール”として、バブリーダンスで話題を集めた登美丘高校ダンス部キャプテンの伊原六花を起用することが決定した。伊原の芸能界デビュー後、初めてのCMキャラクター決定となり、伊原を起用したCMは2018年7月のオンエアを予定している。

伊原六花は、バブル時代を彷彿とさせる鮮やかな衣装とユーモアあふれるダンスで2017年に話題を集めた登美丘高校ダンス部のキャプテンで、その愛くるしいルックスで人気を博した。話題のバブリーダンスの動画はYouTubeで4,400万回以上の再生を記録し(2/9時点)、現在でも世界的な注目を集めている。そんな伊原は昨年、高校生ながら芸能界デビューし、今春卒業。本年から本格的に芸能生活をスタートさせる。





センチュリー21・ジャパンでは、伊原を初代センチュリー21ガールに任命し、CMはもちろん各種プロモーションにも、積極的に伊原を起用していく予定だ。なお、今回の企業キャラクター決定について伊原は、「初代センチュリー21ガールに選んでいただき、すごく光栄です!みなさんの期待に応えられるように精一杯頑張ります!」と喜びを語っている。CMは今後撮影に入り、7月の放送を予定している。どんなCMになるかぜひ期待してほしい。

伊原六花さんコメント>
ー今回、初代センチュリー21ガールに就任した感想は
すごくすごく嬉しいです!たくさんの方にセンチュリー21の信頼や親しみやすさが伝わるようにセンチュリー21ガールとして頑張ります!

ーセンチュリー21についてどんな印象を持っていたか

地元にもセンチュリー21の店舗があったので、もともと知っていました。テレビで観ていたCMも印象的だったので、そんなセンチュリー21のCMに出演させて頂けてとても楽しみです。

ー今後撮影するCMではどんな自分を見せたいか
センチュリー21のイメージに合うようにそして、私らしく元気に真剣に取り組んでいるのが伝わったらいいなと思います!

ー今後芸能界でどんなことにチャレンジしたいか、どんな風になりたいか
いままでずっとダンスをやってきたので、ダンスはもちろん、演技や歌なども勉強して色々な方面で活躍できるようになりたいです!

この記事の画像一覧

関連タグ