「トドメの接吻」唐田えりか カーテンひょっこり笑顔が可愛すぎる

芸能総合 公開日:2018/01/19 83
この記事を
クリップ

山﨑賢人が主演をつとめる日本テレビ系ドラマ『トドメの接吻』(毎週日曜夜10:30~)の公式ブログが18日に更新。唐田えりかがカーテンから
笑顔を覗かせてるオフショットを公開し、ファンから反響を呼んでいる。

「小鳥が夜明けを唄であいず」と題して更新されたアメブロは、「第2話でキャバクラで働いてることがばれてしまった、唐田えりかさん演じる真凛!の、オフショットを公開です!※インスタでも公開されてますが、これは私が撮ったアザーカットですよ皆さん。※微妙にアングルが違う!はずなんですよ皆さん。」とカーテンから笑顔を覗かせる唐田のオフショットを公開。





唐田の人柄についても、「唐田さんは、可愛いうえに、よく笑う気さくで、ほんっとに良い子です。」と紹介し、マザー牧場でスカウトされて芸能界デビューしたことも「マザー牧場に唐田えりかは、奇跡ですよ。」と綴っている。

ファンからは「守ってあげたくなる可愛さ・・・」「このカーテンの刑はずるいー」「可愛すぎて何度も見ちゃいます」「こんな清純美女がキャバクラで働いてるなんて…!衝撃の展開」「ソニー損保のCMの美少女!可愛い!」「可愛いすぎる!」と大絶賛の声が相次いでいる。

日本テレビ系ドラマ『トドメの接吻』(毎週日曜夜10:30~)第3話は、1月21日(日)よる10時30分~放送。キス女・宰子さいこ(門脇麦)から旺太郎(山﨑)を守るふりをしていつも側にいた和馬かずま(志尊淳)は、旺太郎への愛が報われなかった嫉妬と逆恨みから旺太郎と心中しようとする。間一髪のところでなんとか一命を取り留めるが、負傷を負った旺太郎。病院で今までの出来事を思い起こし、宰子のキスに7日前にタイムリープする能力があることに気づき、宰子を利用しない手はないと思い立つ…。初乗り会の後に美尊みこと(新木優子)が旺太郎を訪ねていたことを知った尊氏たかうじ(新田真剣佑)は「旺太郎が12年前の沈没事故の真相を探っているのかもしれない」という社長秘書・郡次ぐんじ(小市慢太郎)の忠告が気になっていた。郡次と尊氏は沈没事故について何か秘密を隠しているようで…。

※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ