松坂桃李 千葉雄大ら輩出「スーパー戦隊シリーズ」新キャスト濱正悟の魅力とは?

芸能総合 公開日:2018/01/15 70
この記事を
クリップ

12日、2018年に放送されるスーパー戦隊シリーズの新シリーズ キャスト披露イベントが行われ、新キャストとして イケ家!の濱正悟が登場した。





「スーパー戦隊シリーズ」は1975年より40作を超える作品を送り続けている不動の人気シリーズ。
また本シリーズに出演し、現在も大活躍をしている俳優たちも多く、これまでも松坂桃李、志尊淳、山田裕貴、千葉雄大、中尾暢樹らを輩出。今回の出演者たちも‟ネクストブレイク俳優“として大きな注目を集めている。

なお今回のシリーズはこれまでのヒーローものから大きな変化があり、2つの戦隊が1つの番組に登場。「ルパンコレクション」と呼ばれる宝物を奪った異世界の犯罪者集団「ギャングラー」という共通の敵を追いながら、一方は大切な人を取り戻すために怪盗としてルパンコレクションを追い、一方は警察として人類を守るために戦う。これまでのヒーローものの良さに加え、ルパンレンジャーの雰囲気は少し大人な雰囲気で音楽・映像ともにこれまでとは少し違う趣も。

「怪盗」と「警察」の2つの戦隊が登場、戦隊同士が交わる事のない敵同士として1年を通して激突しあう。番組のタイトルは「快盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー」。共演は伊藤あさひ、工藤遥、結木滉星、横川涼、奥山かずさと注目の若手が揃う。

今回ルパンブルー/宵町透真を演じる事になる濱は「1週間待ち遠してたまらなくなるような、最高の作品にできるよう精進します」と気合を見せた。なお濱は出演が決まった時の事を振り返り「信じられなかったし、驚いた。オーディションに受からなかったら、役者を辞める覚悟で受けていた。すごく嬉しくて、そのままお寿司屋さんへ行った」との事で、美味しかった寿司ネタを聞かれると本気でしばらく悩む様子も見せ、会場からは笑いが起こる場面も。なお好きなネタはイメージカラーにちなんでか「光もの」との回答をしていた。

なお既に撮影が始まっているとの事だが、ルパンレンジャーの中では最年長である23歳の濱は「筋肉痛になってしまい、次の日の歩き方がロボットみたいになってしまう事も。身体のケアをしっかりして頑張って行きたい」と明かした。

その後、作品に関連し「絶対に渡せない自分だけの宝」を各出演者が明かすコーナーも。ここで濱が明かしたのは「声」「声だけは褒められる。母親に感謝です」と明かし、「他の人とかぶりそうだったので、オリジナリティのあるものを選びました」とコメントした。一方他の出演者が「家族」「この作品」などを書いた事を受け、濱は思わず「…書き直してきても良いですか?」と一言。一見クールな濱だが、見た目とは裏腹に飾らないふんわりとした魅力を見せ、会場の笑いと注目を集めていた。

最後に各チームを代表して伊藤は「史上初のダブル戦隊がどんなVS劇を繰り広げ、ギャングラーを打ち負かせていくのか。1話から豪華な内容になっている」と語りつつ「怪盗戦隊として子どもたち、視聴者の皆さんのハートをクールに盗むことを予告します」とまさかの“予告”。これに対して結木は「ルパンレンジャー側の視点、パトレンジャーの視点、2つの視点がある所が今までの戦隊にはない1つの特徴。30分とは思えない程の内容になっている」と自信を見せつつ、伊藤の予告を受け「警察戦隊は視聴者と子供たちのハートを盗むことは許します。ただ、回答戦隊ルパンレンジャーを僕たちは絶対に捕まえたいと思います」と宣戦布告し、早速‟VS対決”の模様を見せてくれた。

■番組情報
「快盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー」
2/11(日)より放送開始
毎週日曜日 AM9:30~10:00

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)

関連タグ