伊織もえ『僕ヤバ』アニメ化にわくわく「声優さんも、曲も、制作会社も気になります!」

コスプレ 公開日:2022/08/11 15
この記事を
クリップ

SNS総フォロワー数325万超のコスプレイヤー伊織もえが、シリーズ累計230万部となる青春恋愛ラブコメ『僕の心のヤバイやつ』の主人公・山田杏奈に扮して撮った妄想たっぷりのグラビア写真集『伊織の心がヤバイやつ 〜伊織もえ×「僕の心のヤバイやつ」コラボ写真集〜』 (秋田書店)が8日に発売され、リリースイベントが秋葉原・書泉ブックタワーで開催された。




イベント前の囲み取材に応じた伊織は、白Yシャツに紺スカート、グレーのカーディガンを腰巻きした、漫画内の山田の世界観たっぷりに登場。胸元の“山田杏奈”という名札もしっかり。「この写真集のために撮り下ろしたのと、過去2回コラボさせてもらった雑誌に載ったのも入っていて、私的には髪型の変化をチェックしてほしいと思います。1回目はウィッグで、2回目は1回目を改良したウィッグにしたけど、耳の生え際が気に入らなくて、もっと自然にしたいなと思って、表紙の写真なんかは地毛を染めて、エクステを付けてたりして。山田の髪型になれるように美容室で3、4時間掛けてやってもらったので、ぜひ注目してほしいです」と、コスプレイヤーの矜持が垣間見えるエピソードを話してくれた。


『僕ヤバ』を好きになった理由について、「最初はTwitterで見かけたんですが、一番思ったのが、経験してない山田杏奈の青春が、あたかも自分の思い出のように思える没入感がすごくて甘酸っぱくて好きだなあって思って、自分のラジオ番組で“好きだー好きだー”って言っていたらお声が掛かったんです。今まで2冊出した写真集はグラビアですが、これはコスプレとまではいかないけれど、ナチュラルに山田さんの世界観を表現していて、いい意味で2.5次元写真集と思っています」と、作品に対する思いを語り、漫画のような胸キュンセクシーなシーンがあるか聞いてみると、お風呂のシーンを挙げ、「背中が全部出てるカットがあるのですが、現場では水着を付けて撮って、あとから消す処理をしようとなったのですが、自分から“脱ぎます!”って(笑)。スタッフさんは“え!良いの!?“って感じでしたけど、“ばーん!“て脱ぎました」と照れ笑い。


さらに原作者の桜井のりお氏がたいそう気に入っているそうで、「今までも漫画とのコラボをいろいろやらせていただきましたが、ここまで作者の方が推してくれるのははじめでどきどきしちゃいますね。Twitterに描き下ろしを投稿してくださって、“えっちで最高です!“って言われました」と笑顔をみせた。


『僕の心のヤバイやつ』は8月2日に「2013年のアニメ化」を発表し、Twitterでトレンド入りするなど今注目を集めているが、伊織は「山田と市川を演じる声優さんが気になりますし、OP曲もED曲もだし、制作会社もどこなのかも気になります!!」と、オタクならではの視点で目を輝かせた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 15件)

関連タグ