えなこ、セクシーなへそ出しコスチューム披露「細部まで再現されていてお気に入り」

コスプレ 公開日:2021/10/30 9
この記事を
クリップ

人気タクティカルシューターゲームPC版「レインボーシックス シージ」の国内最大級のeスポーツ大会、「レインボーシックス JAPAN CHAMPIONSHIP 2021」決勝大会が10月28日より4日間、東京ビッグサイトにて開催されており、アマチュアチームが優勝候補チームを撃破するなど白熱の大会となっている。


決勝戦3日目となる10月30日にはゲストとして、トップコスプレイヤーえなこ、「スポットライト」が大会公式ソングに起用されたCreepy Nutsほか、お笑い芸人のペナルティ・ヒデ、フリーアナウンサー岡副麻希、プロゲーマー・メルトンが登場した。


えなこはこの大会のために用意されたという大会限定コスチューム、Creepy Nutsは「スポットライト」の披露など、大会限定のパフォーマンスで会場を沸かせた。


優勝候補チームがバタバタと敗れるという波乱の決勝大会3日目の最後には、Creepy Nutsが即興お題を盛り込みラップを披露する、“聖徳太子RAP”やライブパフォーマンスで会場を最高潮に盛り上げ、ゲスト登壇者のえなこ、ペナルティ・ヒデ、岡副麻希、プロゲーマー・メルトンらとともに記者団の前に。


Creepy NutsのR-指定と、DJ 松永は、「無観客ライブだけどスタッフさんが盛り上げてくれたのでいいライブが出来ました」と語り、その圧巻のライブに岡副麻希は「生ラップ凄い!」と、メルトンも「ゲームって表向きじゃないイメージだったけど、Creepy NutsさんのライブやBARの設置などで凄く発展している」、ペナルティ・ヒデも「ドラマと伝説が生まれた」と興奮気味にコメントした。


そして、「レインボーシックス JAPAN CHAMPIONSHIP 2021」の人気キャラクター、トッケビのエリートスキン衣装という大会限定コスプレで挑む、えなこは、セクシーなへそ出しコスチュームについて「胸の部分のガジェットやリュックと細部まで再現されていてお気に入りです!」と切り出し、大会キャッチコピーでもある「コレで生きるって、決めただろ。」になぞらえ、「コスプレで生きると決めたきっかけ」を問われると、「コスプレ自体は、12~13年くらい前からやっていたのですが、5年前に今の事務所に入ったことがキッカケです。色々なお仕事や、タレント活動みたいなことをさせて頂いたことがキッカケかなと思います」と語った。


大会同様ハイテンションに届けられた会見は、Creepy Nutsパフォーマンスの余韻、そしてえなこのセクシー衣装で締めくくられた。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 18件)