「池袋ハロウィンコスプレフェス2021」会場限定し、2年ぶりのリアル開催

コスプレ 公開日:2021/10/09 8
この記事を
クリップ

日本最大級の動画サービス「ニコニコ」と、アニメ・コミック・ゲームのトータルショップ「アニメイト」が参画する池袋ハロウィンコスプレフェス実行委員会は、10月30日(土)・31日(日)に開催する「池袋ハロウィンコスプレフェス2021」の詳細情報を発表した。


「池袋ハロウィンコスプレフェス」は2014年にスタートし、毎年2万人以上のコスプレイヤーが参加、池袋東口エリアを舞台とした日本最大級のハロウィンイベントとして開催してきた。昨年は、新型コロナウイルスの影響によりオンライン開催としたが、今期は感染防止対策を徹底し、2年ぶりに池袋で開催する。
※今後の新型コロナウイルス感染状況に応じて、予定が変更となる場合があります。


「池袋ハロウィンコスプレフェス2021」は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策ガイドライン(※1)に基づきイベントを開催。3つの密を避けるため、全ての券種でチケット枚数を限定する。会場となる公園は、エリアに仕切りをいれて密集を防ぐほか、チケットの購入者にはオリジナルデザインのマスクを配布し、イベント参加時の着用を必須とするなど対策を講じる。来場者には、感染予防及び感染防止のため、マスクの着用や手指の消毒、エリアの入場制限などの協力をお願いすることとなる。
(※1)新型コロナウイルス感染拡大防止対策ガイドラインは、追って公開します。


今年はメイン会場を中池袋公園からイケ・サンパークへ移し、ステージでは、自慢のコスプレを披露できる「イケサンランウェイ」や、コスプレイヤーの“来年の顔”を決めるコンテスト「COSPLAYER OF THE YEAR 2022」の最終審査などを実施。また同エリアでは、アニメや漫画など人気作品のキャラクターパネルをフォトスポットとして設置する。そのほか、サンシャインシティ(サンシャイン広場、歩行者デッキ、階段横、ホテル側面)などを会場とする予定だ。


例年チケット購入者の目印としてトートバッグを配布してきたが、今年はコスプレイヤー・カメラマンともにオリジナルデザインを施したマスクに変更する。

【チケット概要】
チケット:プレミアムパスポート
料金(税込:3,500円/日 ※コスプレ・カメラマン登録料1日分(2,500円)を含みます。

●特典1
優先受付として、受付開始時刻より1時間早く入場可能。
●特典2
鏡や簡単なメイク用品、スタイリング剤など、備品を用意したホスピタリティエリアのほか、専用の休憩所の利用が可能。
●特典3
コスプレドックをホスピタリティエリアに設置し、急な衣装トラブルに対応。
●特典4
池ハロを便利に回れるIKE BUS無料チケット(1回分)付き。重い衣装や歩きづらいシューズでも安心。

チケット  :コスプレ登録チケット
料金(税込):2,500円
内容    :更衣室・荷物置き場が利用できます。すべての「撮影エリア」で撮影ができます。

チケット  :カメラ登録チケット
料金(税込):2,500円
内容    :池ハロにカメラマンとして参加する登録料です。
       登録することですべての「撮影エリア」で撮影ができます。また、荷物置き場を利用できます。



「池袋ハロウィンコスプレフェス2021」開催概要
開催日時 :2021年10月30日(土)・31日(日) 
      両日10:00~18:00(ステージイベント開催時間:11:00開演~16:00終演予定)
主  催 :池袋ハロウィンコスプレフェス実行委員会
共  催 :豊島区 / 豊島区商店街連合会 / 一般社団法人豊島区観光協会 / サンシャインシティ
後  援 :東京商工会議所豊島支部
運営制作 :株式会社アニメイト / 株式会社ドワンゴ / 株式会社ハコスタ
参加費  :コスプレ・カメラマン登録チケット:2,500円
(税込)    プレミアムパスポート:3,500円

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)