“天使すぎる”中国出身の大人気コスプレイヤー・Amiroがコミケに参加

コスプレ 公開日:2019/12/23 28
この記事を
クリップ

中国出身のコスプレイヤー・AMIRO(王奕萌[わんいーも])がこのたびTwitterアカウントを開設。12月28日から開催される「コミックマーケット97」の初日に参加することを表明した。

ショートムービーアプリ「TikTok」では、2つのアカウントで合計1530万人を超えるフォロワーを抱えるAMIRO。その人気から、中国・杭州市の公共交通キャラクター大使をコスプレイヤーを初めて務めるなど、異例の大抜擢を受けたこともある。

さらに、中国IT企業の大手・テンセントが手掛けるサービス「テンセントアニメ」で連載中の、小新さんによる漫画作品『狐妖小红娘』では、公式コスプレイヤーに就任。日本では『縁結びの妖狐ちゃん』の名前でアニメ化もされた同作の舞台に、主演として出演を果たした。

また、ファッション雑誌『VOGUE』に初めてのコスプレイヤーとして誌面に登場したほか、テンセントが手掛けるサービス『与子同袍』で、ドキュメンタリー動画が製作されるなど、モデル・女優などとしても活躍している。




中国では、漢民族の伝統的な民族衣装である漢服を着ることが多い彼女。日本では、その漢服を広めるためにコスプレイヤーとして「コミックマーケット97」に参加する。









※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 20件)