えなこ 桐須真冬コスで「コミケ96」に登場、ポイントは「大きく開いた胸元やガーターベルト」

コスプレ 公開日:2019/08/10 48
この記事を
クリップ

昨冬のコミックマーケット95で大好評だった超人気コスプレイヤーえなことTVアニメ『ぼくたちは勉強ができない』(略称・ぼく勉)のコラボ企画が、今夏の「コミックマーケット96」(8月9日~12日・東京ビッグサイト青海展示場)でも実現した。




夏コミ2日目の8月10日(土)には、東京ビッグサイト青海展示場Aホール「ムービックブース(No.1222)」にて、えなこさん自身も「一番好きなキャラクター」という同アニメの桐須真冬コスに身を包み、グッズ販売や撮影会イベントでファンとの交流を盛り上げた。

カメラマンが待ち構える撮影イベントエリアに現れたえなこは、今回のコスプレポイントについては「大きく開いた胸元やガーターベルト」と語り、こだわりに関しては「真冬先生のクールなキャラクターと、この可愛い衣装とのギャップを表現すること。あとはイメージを崩さない表情作りにこだわりました」と作品愛を語ってくれた。

また、年に二回夏と冬に開催されるコミケでのコスプレに話題が移ると、「夏がつらい!」「夏は暑さで汗をかいたりするので、メイクが落ちてしまうんです。撮影する際に気をつけなくてはいけないことがたくさんあります。」と夏のコスプレが大変であることを吐露。そして「実は冬のコスプレの方が好きだったりします! …“真冬”だけに」と会場を沸かせる場面も。

今後チャレンジしたい分野を問われると、「始球式がやりたいという夢がかなったので、今は8月23日の中日ドラゴンズ、広島戦の始球式を精一杯頑張りたいと思います!」と目を輝かせながら語り、この日のイベントを締めくくった。

コスプレだけでなくタレント活動にファンとの交流イベントと活動の多彩さが魅力のえなこ。引き続き『ぼくたちは勉強ができない』との“ぼく勉コラボ”にも期待大だ。

この記事の画像一覧 (全 6件)