「池ハロ2018」2日でレイヤー2万人集結!厳選美女コスプレイヤー大全

コスプレ 公開日:2018/10/30 28
この記事を
クリップ
}/

オープニングセレモニーに東京都の小池百合子都知事が「銀河鉄道999」のメーテルに扮し登壇というニュースも大いに盛り上がった「池袋ハロウィンコスプレフェス2018」(通称:池ハロ)。

昨年とは打って変わって今年は天候にも恵まれた10月27日(土)・28日(日)の開催では、両日ともに大変な賑わいとなった。わずか5回目の開催で日本のハロウィンを代表するイベントに上り詰めたこの池ハロ。今年は初日だけでも8000人を超えるコスプレイヤーが詰めかけ話題をさらったが、2日目は1万2000人を超え、2日間で訪れたコスプレイヤーが計2万人を超えるという驚きの盛り上がり。




昨年度の参加コスプレイヤーは1万4000人という点を踏まえると、この盛り上がりの凄まじさがおわかり頂けるのではないだろうか。もちろんこれだけのコスプレイヤーが集まるということで観光客やカメラマンの来場も多く、2日間の来場者数は速報値で約10万5000人とこちらも圧倒的な来場者数。この盛り上がりながらも街はキレイでトラブルがないという参加者のマナーの良さは特筆すべきポイントで、子連れ客も安心して楽しめる安心・安全なイベントとなっている。

そのためか参加コスプレイヤーたちものびのびと羽根を伸ばしており、中でも趣味は「武術」と語り「らんま1/2」よりシャンプー(珊璞)に挑む、KAPIさんは、武術経験を取り入れた様々な決めポーズで撮影依頼に応じていたのが印象的だった。池ハロ終了後には「やはりシャンプーなので腕相撲は参加するべきだったか…不覚であった…」とつぶやいていたけど、来年は武術経験をコスプレ腕相撲でも発揮しちゃう?

この記事の画像一覧