「ラグコス」日程変更もオールナイトでおもてなし

コスプレ 公開日:2018/09/24 8
この記事を
クリップ

愛知県を熱くさせる夏のコスプレ大祭「世界コスプレサミット(WCS)」。

期間中は世界中からコスプレイヤーが名古屋市を中心とした愛知県にやってくるわけだが、例年このWCS幕開けの地となっているラグーナテンボスでのオープニングイベントが今年は台風のため、手短に終わってしまうということに。

しかし、これで終わらないのがWCS。なんとラグーナテンボス内のテーマパーク「ラグナシア」がまるごとオールナイトで撮影スポット開放されてしまうという大好評の「ラグコス」が、「ラグコス2018 Rebuild」として期間を改め9月15日(土)から16日(日)の翌朝までに開催となったのだ。




オールナイト開催と言えども、参加コスプレイヤーたちに眠る暇すら与えないのがラグコス流のおもてなし。

今年は例年以上のイルミネーションとライトアップでさらなる幻想的な雰囲気作りがされており、深夜には「コスプレパフォーマンス・ランウェイステージ」が開催され異次元の盛り上がりとなっていた。

出場者一組一組にコアなファンがついており、ダンスや寸劇パフォーマンス、ライブにプリキュアショーという目まぐるしい演舞には大きな黄色い声援がこれでもかと投げかけられる。

中でもイケメンアイドルユニットコスプレや、イケメンゲームキャラコスプレには人気が集中。ステージ上から視線やポーズを投げかけられ涙ぐむファンも出るという、アイドルライブさながらのステージとなっているのが印象的だった。

この深夜ならではの盛り上がりが楽しめてしまうのもラグコスの大きな魅力の一つ。誰でも気軽に参加が可能なうえ、楽しみ方は無限大というこの「ラグコス」、是非次回は参加型で楽しんでみるのはいかがだろうか。

この記事の画像一覧 (全 7件)