洞爺湖で見つけたコスプレイヤー、トンデモナイクオリティの艦これ「武蔵」に仰天

コスプレ 公開日:2018/06/27 83
この記事を
クリップ
}/

天候にも恵まれた6月23日(土)・24日(日)、北海道の洞爺湖温泉街をあげた東北・北海道地方最大級というアニメの大祭「TOYAKOマンガ・アニメフェスタ2018」が開催された。このイベントは同人誌即売会や痛車展示、トークショーにパレードに舞台やコスプレと実に複合的な催しとなっている。

会場だけではなく街中を様々なジャンルのコスプレイヤーが練り歩いているため、期間中は華やかな洞爺湖温泉街。ジャンルや作品、キャラクターが同じコスプレイヤーらは互いに顔を合わせると積極的にコミュニケーションを図っては、合わせ撮影などを行っており、この日は「艦隊これくしょん」や「アズールレーン」といった軍艦コスも多く見受けられたため、日中入り乱れたコラボなども行われていた。




艦隊これくしょん「島風」に挑むのは、なすずさん。お二人でアズールレーン「加賀」×2に挑むのは、さよさんとてうさん。

そしてそして、ど迫力の艦隊これくしょん「武蔵」に挑むのは、りゅかさん。こちらのトンデモナイクオリティの衣装製作期間はわずか2週間。費用は5万円ほどかかっているそうなのだが…、驚きは完成した衣装の総重量、なんと驚愕の10キロもあるというのだ!この重量を身にまとっての移動とは恐れ入った。ちなみに船底部分の内側は双方ポケットになっていて小物やスマホが収納可能という出来の良さだ。

なお、りゅかさんは10月7日(日)・8日(月)で開催される北海道・十勝コスプレ解放区に運営として関わっているという。本州とはまた違う暖かさと高いクオリティが印象的な北海道コスプレイヤー。これは北海道コスプレイベント、ますます目が離せない

この記事の画像一覧