世界コスプレサミット一新、人気レイヤーウサコも強力応援

コスプレ 公開日:2018/05/21 60
この記事を
クリップ

天候悪化のずれ込みが心配されながらも、快晴のコスプレ日和となった5月20日(日)、サンシャインサカエにて今年も名古屋ホココスの開幕宣言が行われると、続けて「WCS(世界コスプレサミット)2018大発表会」が開催となった。

“コスプレイヤーのコスプレイヤーによるコスプレイヤーのためのイベント”と銘打たれたこの「WCS2018」では、これまでのコスプレチャンピオンシップまでもが一新されるという大胆な改革が語られたためお伝えしたい。

まずは大幅に一新となったコスプレチャンピオンシップ。

各国の予選を通過した2人1組が2分半のコスプレパフォーマンスを行い、そのクオリティや作品愛を競い合うという競技だが、昨年までは2デイズで競われていたこのコスプレチャンピオンシップがなんと今年からは「ドルフィンアリーナ」(愛知県体育館第一競技場)にて4時間半にも及ぶ1デイ開催になるという。さらに参加国は新たに南アフリカ、コスタリカ、ブルガリアの3カ国を加え、38カ国に。この南アフリカの参戦により、アフリカ大陸からの初参加国が加わる形となり、文字通り世界五大陸からの参加が叶った形だ。




そして今や敷居が高くなりすぎてしまったこのコスプレチャンピオンシップに付随する、誰もがWEB上で気軽に一人でも参加できる新競技種目「フォトチャンピオンシップ」と「ビデオチャンピオンシップ」が開催されるとのことで、こちらのコンテストに関する追加詳細情報にも注目だ。

また、撮影会イベントも目白押しの期間中にはさらなるビッグな撮影スポットが。なんとあの名古屋城でコスプレ撮影が可能となるのだ。しかも期間中は名古屋城夏祭りも同時開催であるため、ナイト撮影や盆踊りまで楽しめてしまうという。

さらに広大になったエリアを巡る観光バス「メーグル」が期間中は岸田メル先生の手により褐色キャラが一人増員した公式キャラクターでラッピングされるといった発表や、デビュー50周年の水木一郎氏がスペシャルゲストに迎えられるといった情報までもが飛び出した。

名古屋市だけでなく、愛知県の“本気度”が伺える「WCS2018」今年の夏は例年にも増して熱くなりそうだ。なお、気になる画像は「魔法少女 俺」オレちゃんに扮するウサコ氏。もちろん期間中は「ニコニココスプレクション」を中心に生配信やイベントで会場を盛り上げてくれる。

この記事の画像一覧 (全 2件)