大人気レイヤーえなこや滝口ひかりらを”妄想三次元化計画”

コスプレ 公開日:2018/02/17 98
この記事を
クリップ

女の子のなりたい自分になるという気持ちをファッション&ビューティーで形にする妄想三次元化計画を提案する雑誌「ELFy(エルフィ)Vol.2」が発売され、発売記念イベントに、モデルとして参加したコスプレイヤーのえなこ、元dropで現ゑんらメンバーの滝口ひかり、滝口きらら、木乃伊みさとが出席した。

出来上がった本を見た感想を聞かれたえなこは「コスプレをテーマにした私服がコンセプトなんですよ。いつもコスプレをしている私ですけど、普段とは違う形で新しい感じの私が見られます。もっともっとELFyのモデルさんとしてやっていけたらいいと思います」。滝口ひかりは「コスプレは好きなんですけど、ウィッグとか被って金髪になったりとか、そのために眉毛を茶色にしたり経験がなかったので、出来上がってみても違和感がなく、すごく新鮮な体験をさせてもらいました。やってみて自分がこんなに変われるんだというのがわかったので楽しかったです」。木乃伊みさとは「元々はコスプレをするタイプだったので、アニメも大好きでこういう雑誌に関われたことが嬉しかったです」。滝口きららは「コスプレとはあまり縁がなかったんですけど、グループの3人と初めての撮影できたので嬉しかったです」とそれぞれ語った。



4人に自分の着ている衣装についての質問が飛ぶと、「今回は表紙をやらしてもらいまして、表紙がバニーちゃんをイメージしていたので、それとは違ったタイプのバニーちゃんの衣装にしてみました」。滝口ひかりと木乃伊みさとと滝口きららはタイプの違うメイド服を着用し、滝口ひかりは「フリフリの付いたメイド服を着たんですけど、普段はこういう服を着ないので、いつもの自分と違って可愛らしいので嬉しいです。次は制服を着てみたいです。学生ではないですけど、休日とかに普通に制服を着て歩いているんですよ。それだけ制服が好きなので」とにっこり。木乃伊みさとは「2人に比べるとエロいメイド服だと思います。雑誌の中でも背中がガバッと開いた服を着ているんですよ、普段エロい感じの服を着ないので、意外と大胆な気持ちになれて楽しかったです」。滝口きららは「2人に比べると私が一番コスプレ感が強いと思います。ベレー帽を被っていますけど、普段は帽子も被らないので、今回のベレー帽は可愛くて気に入っています」と紹介した。

コスプレファンのみならず、ファッションに興味のある人、アイドル好きの人など様々なジャンルの人が楽しめる雑誌「ELFy(エルフィ)」に、これからも大きな期待が持てそうだ。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)