『LUPIN ZERO』ルパン役は畠中祐、次元役は武内駿輔に決定 2人からのコメント動画も到着

アニメ・声優 公開日:2022/11/19 12
この記事を
クリップ

このたび、12月に新しくローンチされる動画配信サービスにて配信する、「ルパン三世」の少年時代を描いた新作アニメ『LUPIN ZERO』の、ルパン役を畠中祐、次元役を武内駿輔が務めることを発表、2022年12月16日(金)より配信開始されることが決まった。

【関連】『LUPIN ZERO』2022年12月配信決定「ルパン三世」の少年時代を描く新作アニメ



本作は、モンキー・パンチの原作漫画『ルパン三世』連載当初と同じ昭和30年(1960年)代を舞台に、まだ何者でもない“ルパン”が高度経済成⻑期の日本を駆け巡る、懐かしくも新しいオリジナルストーリー。中学生のルパンは祖父から盗術を仕込まれながらも、将来カタギになるか泥棒になるか決められずにいた。退屈な日々を過ごすなか、不良相手に銃を抜く同級生・次元と出会う。傭兵の父について各地をまわっている次元は既に銃の扱いに手慣れていた。ルパンと次元は、ひょんなことからある女性を巡るトラブルに遭遇し行動を共にすることになるが…。

【画像】中学生・次元の姿も…新規場面カット


監督は『ルパン三世』(15)の作画監督、『ルパン三世 PART5』では副監督を務めた酒向大輔、シリーズ構成は大河内一楼(『ルパン三世 PART5』『甲鉄城のカバネリ』)、設定考証に白土晴一(『ヨルムンガンド』『ルパン三世 PART5』)、キャラクターデザインに田口麻美(『ルパン三世 PART5』『チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃(ひかり)~』)と秀逸なスタッフが集結。さらに制作は多くの『ルパン三世』シリーズを手掛けるテレコム・アニメーションフィルム、音楽を大友良英(連続テレビ小説『あまちゃん』、映画『犬王』)が担当する。


このたびメインキャスト発表が発表となり、ルパン役を畠中祐、次元役を武内駿輔が務めることが決定。2人からのコメント動画も到着した。


【画像】キャラ個別カット


高度経済成⻑期ど真ん中の東京で退屈な日々を過ごす、13歳のルパンを演じるのは畠中祐。2006年に映画『ナルニア国物語』の一般公募オーデイションに合格し、声優デビューを果たす。以降『遊☆戯☆王 ZEXAL』、『甲鉄城のカバネリ』、『僕のヒーローアカデミア』、『東京リベンジャーズ』など人気アニメ作品にて主要キャストを多数務める畠中が、ルパン三世の“ビギニング”を演じきった。武内駿輔が演じるのは、銃の扱いに手慣れた中学生で後にルパンの相棒となる少年・次元。若干17歳で『アイドルマスター シンデレラガールズ』のプロデューサー役に抜擢、『ダイヤの A』、『アナと雪の女王』、『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』などアニメ作品をはじめ、映画の吹き替え、音楽ユニットなどマルチに活躍する武内が、次元の少年時代を務めた。


また畠中、武内からのコメントも到着。「どうやってルパン三世と次元になっていったのか、ものすごくドラマチックに描かれている」という畠中は、作品もキャラクターも偉大で役作りにとても悩んだと心境を打ち明け、一方、武内はサングラスとバケットハットという“正装”でアフレコに臨んだことを明かし「オープニングからエンディングまで全てが見どころ!最終回の一番最後のシーンがお気に入り」と語った。


主題歌、配信先となる動画配信サービスについては、順次発表となるため、続報からも目が離せない。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 11件)

KEYWORD

注目のキーワード

PRESENT

読者プレゼント