『BLEACH 千年血戦篇』徹底的に蹂躙される尸魂界…第7話場面カット&予告公開

アニメ・声優 公開日:2022/11/17 5
この記事を
クリップ

2022年10月10日(月)よりテレビ東京系列ほかにて放送中のTVアニメ『BLEACH 千年血戦篇』。このたび第7話場面カット、予告などが解禁となった。

【関連】『BLEACH 千年血戦篇』3週連続ショートPV公開 第1弾は黒崎一護と仲間たちにフィーチャー



『週刊少年ジャンプ』で連載され、シリーズ累計発行部数は1億3000万部を超えるなど、完結後も世界中で根強い人気を誇る剣戟バトルアクションコミック『BLEACH』。2022年10月10日(月)よりテレビ東京系列ほかにてTVアニメ『BLEACH 千年血戦篇』が放送中。このたび、『BLEACH 千年血戦篇』第7話のあらすじ・場面カット・予告が解禁となった。


【画像】第7話 場面カット


<TVアニメ『BLEACH 千年血戦篇』第7話 BORN IN THE DARK>
山本元柳斎重國の前に立っていたユーハバッハは偽物だった。現れた真のユーハバッハの一撃にあっけなく両断される元柳斎。事態を察知した京楽春水や浮竹十四郎に、これ以上ないほどの戦慄が走る。護廷十三隊が、そして元柳斎がいかに変わったかを語るユーハバッハ。星十字騎士団によって徹底的に蹂躙される尸魂界。破壊され崩れ落ちる瀞霊廷。絶望が溢れる状況の中、瀞霊廷の上空に、凄まじい霊圧が奔る。


<イントロダクション>
最後の聖戦、迫る――。

『週刊少年ジャンプ』で連載され、シリーズ累計発行部数は1億3000万部を超えるなど、
完結後も世界中で根強い人気を誇る『BLEACH』。

2004年10月より放送を開始したTVアニメは、
これまでに360話以上が制作され、長編劇場アニメも4作を数える。

そしてついに、シリーズの最終章 “千年血戦篇”のアニメプロジェクトの幕が上がる。

監督とシリーズ構成は、数々の作品で卓越したビジュアルセンスを発揮してきた田口智久
キャラクターデザインの工藤昌史、音楽の鷺巣詩郎は、最初期からアニメ『BLEACH』を支え続けるオリジナルメンバー。
アニメーション制作もこれまでのシリーズ同様、studioぴえろが担当する。

まさしく「最終決戦」にふさわしい実力派スタッフ陣で挑む、ファイナル・シリーズ。

はたして、黒崎一護がたどり着くのは――。


<ストーリー>
偶然か、あるいは必然か――

とある出会いから死神の力を手にし《死神代行》となった黒崎一護は、現世で死した魂魄が集う場所・尸魂界(ソウル・ソサエティ)の動乱に巻き込まれ、熾烈な戦いの中、仲間と共に大きく成長を遂げてきた。

そんな一護の暮らす空座町(からくらちょう)で異変が起こる。新たなる死神と、新たなる敵の出現。そして救いを求める声。一護は再び斬魄刀を取り、戦場へと旅立つ。

一方、尸魂界では、現世における突然の虚(ホロウ)の連続消失が観測され、この地へ導かれた魂が暮らす流魂街での住民達の失踪が発生、さらには死神たちの住む霊屋・瀞霊廷が賊軍に襲撃される。

賊軍の正体は、滅却師(クインシー)の始祖・ユーハバッハが率いる《見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)》。


▼第7話予告




■『BLEACH 千年血戦篇』
2022年10月10日(月)よりテレビ東京系列ほかにて放送開始

©久保帯人/集英社・テレビ東京・dentsu・ぴえろ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント