『SPY×FAMILY』アーニャがボンドとすやすや…『anan』表紙をジャック

アニメ・声優 公開日:2022/11/10 11
この記事を
クリップ

11月16日(水)発売の女性グラビア週刊誌『anan』「カラダにいいもの大賞 2022」特集号のスペシャルエディション表紙を、アニメ『SPY×FAMILY』のアーニャと犬のボンドのチャーミングな描き下ろしが、そしてバックカバーをロイドのスタイリッシュな描き下ろしが飾る。





第1クール放映後3か月を経て、第2クールが放送中のアニメ『SPY×FAMILY』。同誌では約半年前に作品の魅力を掘り下げる特集を掲載したが、それに続く第2弾。今回は、スペシャルエディションのカバーに、おなじみのパジャマでぐっすり眠っているアーニャが登場。さらに最近家族に加わった、犬のボンドもちゃっかり顔を出しているという構図。カラダにいいもの特集を象徴する、アーニャの健やかな眠りは、題して「おはやいます、の 5 分前」。眠っている人物が『anan』の表紙を飾るのはかなりレア。すやすや眠る夢のなかではきっと、胸躍るだいじけんがたくさん起こっていそう。まさに“ジャケ買い”必至の、特別描き下ろしカバーとなっている。


そしてバックカバーには、一転して、スパイの任務遂行中の超カッコいい“ちち”登場。第2クールの冒頭で、テロリストが放った爆弾犬を華麗に捌く場面があり、まさに敏腕諜報員エージェントの真骨頂発揮だったが、あのときのように爆煙の後ろで凛々しく佇む〈黄昏〉の姿をイメージして、新たに描き下ろし。半年前のバックカバーの描き下ろしでは、リラックスした私服のロイドだったが、今回はバリバリ任務をこなすオンの〈黄昏〉。そのギャップがまた素敵である。anan2299 号(5/18 発売)のバックカバーと並べて楽しむのもおすすめだ。


第2クールのアニメにフォーカスした12ページの記事も必読。作品の世界観や登場人物を振り返りつつ、新しく家族に加わった、犬のボンドを紹介。また、前回の特集でも出演したメインキャスト、江口拓也(ロイド役)、種﨑敦美(アーニャ役)、早見沙織(ヨル役)の 3 人が再び結集し、座談会で和気あいあいと作品について語っている。


制作陣からは、音響監督を務める、はたしょう二が登場。さらに、第2クールの主題歌を担当する BUMP OF CHICKENyama からも、アツいメッセージが届いている。眺めて、そして読んで、『SPY×FAMILY』の世界を何度でも楽しめる一冊となっている。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント