『うる星やつら』第5話 沢城みゆき演じるサクラが保健室に赴任、あたるら男子生徒は興奮

アニメ・声優 公開日:2022/11/08 5
この記事を
クリップ

フジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送中のTVアニメ『うる星やつら』第5話のあらすじと場面写真が公開となった。第5話のタイトルは「愛と闘魂のグローブ/君待てども…」。





「愛と闘魂のグローブ」では、高校の保健室にサクラが赴任してくる。興奮したあたるや男子生徒達があしらわれる中、ボクシング部が怨念の宿ったグローブを持ってくる。勝手にラムを殴ろうとするグローブをあたるが自身の顔面でかばい続け…。「君待てども…」では、女子生徒に人気の面堂に一泡吹かせる為、コースケ達はあたるに偽のラブレターを送る。自慢するあたる、怒り泣くラム、差し出し人が実在するか賭ける面堂。あたるは差し出し人と待ち合わせするが…、という物語が展開される。


「うる星やつら」は、今なお第一線で活躍する高橋留美子による鮮烈のデビュー連載。小学館創業100周年を記念し、選び抜かれた原作エピソードを全4クールに渡って、完全新作としてTVアニメ化。(第1期:2クール連続放送)。地球“最凶”の諸星あたると、宇宙から高校生舞い降りた“鬼っ娘”美少女ラム。二人の出会いからすべてが始まる。大胆不敵、恋にも全力、でもどこか切なくて…あたるとラムのボーイ・ミーツ・ガールを、銀河中から集結するキャラクターたちが彩るラブコメディ。主人公の“ダーリン”こと諸星あたる役を神谷浩史、ヒロイン・ラム役を上坂すみれ、三宅しのぶ役を内田真礼、面堂終太郎役を宮野真守、チェリーこと錯乱坊役に高木渉、サクラ役を沢城みゆき、ラン役を花澤香菜、レイ役を小西克幸、おユキ役を早見沙織、弁天役を石上静香、クラマ姫役を水樹奈々、温泉マーク役を三宅健太、尾津乃つばめ役を櫻井孝宏、面堂了子役を井上麻里奈、あたる父を古川登志夫、あたる母を戸田恵子、ラム父を小山力也、ラム母を平野文が演じる。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)

KEYWORD

注目のキーワード

PRESENT

読者プレゼント