『天国大魔境』Production I.G制作で2023年TVアニメ化 お祝いイラスト&コメントも到着

アニメ・声優 公開日:2022/10/18 0
この記事を
クリップ

このたび、『天国大魔境(てんごくだいまきょう)』(講談社「アフタヌーン」にて好評連載中)の2023年TVアニメ化が決定した。アニメーション制作はProduction I.Gが担当し、同スタジオが手掛けるティザービジュアルも解禁となった。また、TVアニメ化を記念して原作者の石黒正数(いしぐろ まさかず)からのお祝いイラスト&コメントも到着した。



原作は石黒正数(代表作:『それでも町は廻っている』『外天楼』)が手掛ける、講談社「アフタヌーン」にて好評連載中の近未来SFアドベンチャー作品。2018年の連載開始直後から話題を集め、同年12月には異例の速さで「このマンガがすごい!2019」オトコ編第1位にランクイン。現在は第7巻まで刊行されている大注目作品だ。


このたび、2023年に『天国大魔境』待望のTVアニメ化が決定した。アニメーション制作を担うのは『PSYCHO-PASS サイコパス』・『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』など数々の人気SF作品を手掛けるProduction I.G。同スタジオが制作したティザービジュアルも解禁となった。2039年、未曾有の大災害により廃墟と化し異形の化け物が巣食う日本の地で “天国探し”の旅をするマルとキルコが描かれた本ビジュアルは、2人が崩壊した世界と対峙する様を禍々しくも美しく表現しており、アニメーションへの期待が高まる。


また、アニメ化を記念して原作者・石黒正数からのお祝いイラスト&コメントが到着した。


【原作者・石黒正数 コメント全文】
いや実は、滅び朽ちた日常風景の荒涼とした美しさや絶望感を描き出す手段としてはアニメが最も向いていると思っていました。しかし僕は漫画家ですからモノクロの静止画で四苦八苦していたわけですが…まさかアニメ化の企画が動き出すとは。アニメの生命を吹き込まれたキルコとマルがどんな旅をするのか、楽しみにしています。


<TVアニメ「天国大魔境」作品情報>
『このマンガがすごい!』2019 オトコ編 第1位
超才・石黒正数(原作) × Production I.G(アニメーション制作)
予測不可能な近未来SFアドベンチャーが、運命のタッグで2023年待望のTVアニメ化!

2024年、世界は崩壊した―
未曾有の大災害から15年。
廃墟となった日本の地には“人食い(ヒルコ)”と呼ばれる
異形の化け物が巣食い、人々は細々と身を寄せ合って生きていた。

東京・中野で便利屋を営むキルコは、とある女性から謎の依頼を受ける。
『この子を“天国”に連れて行って―』
そう言い残し息を引き取った彼女に託された少年、マル。
彼は「“天国”には俺と同じ顔をしたやつがいるらしい」と言うが、
それ以上のことは何も知らないという。

果たして“天国”とは何処なのか?
そこに辿り着いたとき、一体何が起きるのか・・・?
マルとキルコの『天国探し』の旅が今、幕を開けるー!



■『天国大魔境』

・公式サイト:tdm-anime.com
・公式Twitter:@tdm_anime (https://twitter.com/tdm_anime)

©石黒正数・講談社/天国大魔境製作委員会


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント