新海誠監督最新作の公開など記念、“新海ワールド”の原点楽しめる名作2本が放送決定

アニメ・声優 公開日:2022/10/14 6
この記事を
クリップ

新海誠監督の最新作『すずめの戸締まり』が、11月11日にいよいよ公開。その公開にあわせ、『金曜ロードショー』では、10月28日に新海監督の大ヒット作『君の名は。』を放送する。その公開&放送を記念して、単発放送となった『映画天国』(関東ローカル)では、10月24日(月)深夜に、新海誠監督の名作『秒速5センチメートル』と『言の葉の庭』を2本立てで放送することが決定した。

【関連】『すずめの戸締まり』最新予告映像も解禁、原菜乃華 松村北斗ら豪華キャスト陣の声も



<秒速5センチメートル>
商業デビュー作『ほしのこえ』(2002年)、続く『雲のむこう、約束の場所』(2004年)で新時代のアニメーション作家として注目されていた新海誠監督が、2007年に世に送り出した作品。小学校の卒業と同時に離ればなれになった少年と少女。互いに惹かれながらも小学校卒業後、離れ離れになった二人が大人になるまでの姿が、3話からなる連作アニメーションとして描かれる。山崎まさよしの主題歌『One more time, One more chance』が印象深く使われ、国内外の映画賞で高い評価を得た。

<言の葉の庭>
2013年公開。『君の名は。』の前作に当たる作品。


梅雨の季節に日本庭園で出会った、靴職人を目指す少年と歩き方を忘れた女性。彼女が少年に残したのは万葉集の一篇。独自の感性と言葉選びにより、まるで小説を読むような味わいとテーマ性を持った繊細なドラマを、アニメーションでしか為し得ない表現で紡ぎ出し、ドイツのシュトゥットガルト国際アニメーション映画祭にて長編アニメーション部門のグランプリを受賞した。


いずれも、新海作品ならではの映像美と繊細な世界観で心を揺さぶる名作。大ヒットとなった『君の名は。』、最新作の『すずめの戸締まり』を見る前に、是非とも“新海ワールド”の原点を楽しんでみては。



【放送日時】
10月25日(火)午前1時59分~4時00分(10月24日(月)深夜)
※関東ローカル
【作品概要】
『秒速5センチメートル』(2007年)
<ストーリー>
小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。二人だけの間に存在していた特別な想いをよそに、時だけが過ぎていった。そんなある日、大雪の降るなか、ついに貴樹は明里に会いに行く……。貴樹と明里の再会の日を描いた「桜花抄」、その後の貴樹を別の人物の視点から描いた「コスモナウト」、そして彼らの魂の彷徨を切り取った表題作「秒速5センチメートル」。3本の連作アニメーション作品。

『言の葉の庭』(2013年)
<ストーリー>
靴職人を目指す高校生・タカオは、雨の朝は決まって学校をさぼり、日本庭園で靴のスケッチを描いていた。ある日、タカオは、ひとり缶ビールを飲む謎めいた年上の女性・ユキノと出会う。ふたりは約束もないまま雨の日だけの逢瀬を重ねるようになり、次第に心を通わせていく。居場所を見失ってしまったというユキノに、彼女がもっと歩きたくなるような靴を作りたいと願うタカオ。六月の空のように物憂げに揺れ動く、互いの思いをよそに梅雨は明けようとしていた。

© Makoto Shinkai / CoMix Wave Films

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

KEYWORD

注目のキーワード

PRESENT

読者プレゼント