映画『ブラッククローバー』タイトル&公開日決定 関俊彦演じる映画オリジナルキャラも解禁

アニメ・声優 公開日:2022/10/06 3
この記事を
クリップ

週刊少年ジャンプ(集英社)にて絶賛連載中でシリーズ累計1,700万部を超える人気作品『ブラッククローバー』(著:田畠裕基)の初映画化作品のタイトルが『ブラッククローバー 魔法帝の剣』(読み:まほうていのけん)に決定し、2023年3月31日(金)より全国の劇場にて公開、さらにNetflixにて全世界配信されることが決定した。あわせて原作者・田畠裕基による描き下ろしティザービジュアルとコメント、さらに特報も解禁となった。



映画の物語は、原作では描かれていないオリジナルストーリーとなる事が解禁となった。総監修そして、キャラクター原案を原作者の田畠裕基が担当し、原作では明かされなかった魔法帝の物語が描かれる。今回解禁された特報は、これまでのテレビシリーズの物語を振り返るところからスタート。原作では明かされなかった魔法帝の物語が完全映画化されることが語られ、田畠自らがデザインした先代魔法帝のコンラートが登場。「今日俺は…この国を変える」と意味深な発言をし、最後にアスタが「諦めないのがオレの魔法だ!!!」と闘志を燃やす姿が、印象的な映像となっている。そして映画オリジナルキャラクターのコンラートを、関俊彦(「鬼滅の刃」鬼舞辻無惨、「忍たま乱太郎」土井半助ほか)が演じることも解禁となった。


映画オリジナルキャラクター「コンラート・レト」
コンラート・レト(CV:関俊彦)
ユリウスの先代の魔法帝。クローバー王国民に敬愛されていた。


あわせて原作者・田畠裕基描き下ろしティザービジュアルが解禁。「諦めないのがオレの魔法だ」という力強いメッセージとともに、決して諦めない強い眼差しでアスタが剣を握っているビジュアルが描かれた。タイトルの「魔法帝の剣」とはどのような意味なのか期待が膨らむ。


さらに原作・総監修・キャラクター原案の田畠裕基から『「原作でやらないんだコレ」という物語ですが、アスタ達と強敵たちの大規模でド派手なバトルを楽しめる映画になると思います!来年3月をお楽しみに!!!僕も楽しみです!!!』(全文別途記載)という喜びのコメントも寄せられた。


<原作・総監修・キャラクター原案の田畠裕基 コメント全文>
ついに映画ブラクロのビジュアルと特報が解禁されたみたいです!!今回の映画は原作でやるか悩んでいた、“魔法帝“を描く物語を映像化してもらいました!「原作でやらないんだコレ」という物語ですが、アスタ達と強敵たちの大規模でド派手なバトルを楽しめる映画になると思います!今、種村監督を始めとしたスタジオぴえろさんが総力を挙げて制作してくださってます…!!ありがとうございまぁぁぁす!!!来年3月をお楽しみに!!!僕も楽しみです!!!


そして映画の公開日が2023年3月31日(金)となる事が決定し、さらにタイトルも映画『ブラッククローバー 魔法帝の剣』となる事が解禁された。さらに、本作はNetflixでも全世界配信となる事が決定。劇場と配信どちらでも本作を楽しむことができる。


<イントロダクション>
「週刊少年ジャンプ」連載 心震わす魔法バトルアクション――
原作者・田畠裕基自らが総監修!原作では明かされなかった「魔法帝」の物語を映画化!

『ブラッククローバー』は、魔法が全ての世界で、生まれながらに魔法が使えない少年アスタが、逆境を超え己の力を証明するため、そして友との誓いを守るため、魔道士の頂点「魔法帝」を目指す、白熱の王道魔法バトルアクション。

制作は『BLEACH 千年血戦篇』『NARUTO -ナルト-』『幽☆遊☆白書』など、「週刊少年ジャンプ」の大ヒットアニメ作品を多数手がけて来たstudioぴえろ。TVシリーズを手掛け、『ブラクロ』の世界を切り拓いてきたスタッフ陣が、満を持して劇場版の制作に臨む。

映画で描かれるのは原作では明かされなかった魔法帝の物語。
アスタたちの前に突如として現れた先代魔法帝コンラート。「帝剣」を手にする彼の目的とは。
先代魔法帝の登場をきっかけに、アスタたちは新たな戦いの渦に巻き込まれる―。

夢へと突き進み、決して諦めない姿が、観る者の心を震わせる。
「ブラッククローバー」の全てがここに!


▼映画『ブラッククローバー 魔法帝の剣』特報映像




■映画『ブラッククローバー 魔法帝の剣』
2023年3月31日(金) 日本全国ロードショー
Netflix全世界配信
【配給】松竹ODS事業室

©2023「映画ブラッククローバー」製作委員会 ©田畠裕基/集英社

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント