『名探偵コナン』犯沢さん役 蒼井翔太、SNSの反響に「しめしめ」という思いでした(笑)

アニメ・声優 公開日:2022/10/04 16
この記事を
クリップ

名探偵コナン 犯人の犯沢さん』犯沢さん役・蒼井翔太のインタビューが到着した。全世界累計発行部数2億5000万部、記念すべき100巻も昨年発売された『名探偵コナン』。100巻プロジェクトが始動し、公式スピンオフ作品『名探偵コナン 犯人の犯沢さん』と『名探偵コナン ゼロの日常(ティータイム)』のアニメ化が発表され、今春には『名探偵コナン ゼロの日常(ティータイム)』が放送。いよいよ10月3日(月)より「名探偵コナン 犯人の犯沢さん』も放送開始となる。



『名探偵コナン 犯人の犯沢さん』は、原案・青山剛昌、かんばまゆこによる『名探偵コナン』でおなじみの黒タイツのようなビジュアルの“犯人”を主人公に描くスピンオフ作品。2017年より「少年サンデーS」にて連載中、コミックス累計発行部数は230万部を突破。世界トップレベルの事件が発生する犯罪都市・米花町に降り立った漆黒の人物“犯人の犯沢さん(仮名)”の日常・クリミナル・ギャグが描かれる。(※累計発行部数はいずれも電子版含む)


この度、主人公・犯沢さん役の蒼井翔太のオフィシャルインタビューが到着。本作への意気込みや見どころをたっぷり語ってもらった。


――原作にはどのようなイメージを持っていましたか?

表紙を見た時から「テンポが速い作品だろうな」と想像し、いい意味で「ヤバい作品になる」と思いました(笑)。ストーリーに関しては犯沢さんの真の目的である「ターゲットを××すること」以外は、常日頃僕たちが感じている“あるある”がたくさん詰め込まれていて、すごく読みやすい。一方で、ヤバい人物もたくさん出てくるので「何かあるな」と感じさせられます。現実的になる部分と、犯沢さんのヤバい世界観に引きずりこまれる部分とを行ったり来たり、ジェットコースターのような感覚を味わえる作品です。


――犯沢さん役のオファーはどのように受け止めましたか?

すごくありがたいと思いました。ご指名をいただくこと自体、本当にうれしいことですが、この素晴らしい作品「犯人の犯沢さん」の犯沢さん役ということで、光栄の極みでした。僕が青春時代に観てきた大好きな「名探偵コナン」のスピンオフ。説明不要の大人気作品の一部になれることに、とてつもないプレッシャーも感じました。原作に触れその魅力を知ると、プレッシャーよりもアニメを楽しみにしてくださるみなさんを笑わせたい、楽しませたいという気持ちが大きくなり、とても気合が入りました。


――犯沢さんというキャラクターをどのように感じていますか?

犯沢さんは自由度満載な人物だと思っています。普段、声優というお仕事をさせていただく中で、さまざまなキャラクターと出逢いますが、そこまで振り幅のある役って意外と少ないんです。犯沢さんは振り幅のかたまり、相当の振り幅を持っているキャラクターです。でも、自由度が高いからこそ、僕自身が声優人生で培ってきた常識をいい意味で“グワっと”外す工程が必要になると感じました。犯沢さんには、新しい経験をさせていただきました!


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 5件)