アニメ『チェンソーマン』を「SWITCH」が徹底特集 キャストの撮り下ろし&インタビューも

アニメ・声優 公開日:2022/09/13 3
この記事を
クリップ

2022年9月20日発売の雑誌『SWITCH』(スイッチ・パブリッシング)は「チェンソーマン、出現」と題した、10月より放送開始されるTVアニメ『チェンソーマン』の特集。



今年7月から藤本タツキによる原作第二部が「少年ジャンプ+」にて連載開始され、大きな注目を集める『チェンソーマン』。『ドロヘドロ』『呪術廻戦』などで知られるアニメ制作会社MAPPAによる、全世界待望のアニメシリーズに込められた思いを、主要キャストへの撮り下ろし&インタビューをはじめ、監督、アクションディレクター、脚本、音楽を手がけたスタッフ陣、さらに原作担当編集者への取材で解き明かす。



●主要キャスト4名の撮り下ろし&インタビューを敢行
ついに“あのキャラクター”が動き、声を放する。ボイスキャスト発表時から大きな注目を集めた主要キャスト4名にあらためて訊く作品への思い、オーディション秘話、役へのアプローチとは。それぞれに訊いた「もし契約するとしたらどんな悪魔?」の回答にも注目だ。

戸谷菊之介(デンジ役)/楠木ともり(マキマ役)/坂田将吾(早川アキ役)/ファイルーズあい(パワー役)

【画像】キャスト4名の撮り下ろし&インタビュー


●スタッフ陣が語るTVアニメ『チェンソーマン』制作秘話
「『チェンソーマン』のアニメをMAPPAが手がける」。2020年の原作第一部完結直後に駆け抜けたこのニュースは、瞬く間に世界中を歓喜の渦に。さらに先日解禁された最新PVでその熱量はピークに達した。アニメ制作会社MAPPAが手がけるアニメーションはなぜ特別なのか。アニメ『チェンソーマン』はどのようにして作られていったのか。監督・中山竜/アクションディレクター・吉原達矢/脚本・瀬古浩司/音楽・牛尾憲輔に、作品にかける思いを訊く。


さらに、特集内容に関する続報を発売前日の9月19日(月)に情報解禁予定。注目だ。


●第2特集:TVアニメ『SPY×FAMILY』誌上総集編
大きな話題を呼んだ第1クールから、早くも今年10月に放送スタートするTVアニメ第2クールを目前に、フォージャー家のボイスキャストを務める3名の声優、江口拓也(ロイド・フォージャー役)/種﨑敦美(アーニャ・フォージャー役)/早見沙織(ヨル・フォージャー役)が登場。第1クール全12話を振り返る誌上総集編を掲載する。


また、『チェンソーマン』と『SPY×FAMILY』、両作品を担当する「少年ジャンプ+」編集者・林士平(集英社)にそれぞれの作家との連載時のエピソード、アニメ化への思いを訊く。表紙はMAPPAによる描き下ろしの『チェンソーマン』となっている。



■SWITCH Vol.40 No.10(2022年10月号)特集 チェンソーマン、出現
2022年9月20日発売
900円+税

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 9件)