『ベルサイユのばら』完全新作で劇場アニメ制作決定 描き下ろしお祝いイラストも到着

アニメ・声優 公開日:2022/09/07 6
この記事を
クリップ

ベルサイユのばら』が誕生から50年の時を経て、完全新作で劇場アニメ制作されることが決定。ティザービジュアルと特報映像が解禁となった。また原作者・池田理代子より、描き下ろしのお祝いイラストが到着した



<『ベルサイユのばら』とは>
『ベルサイユのばら』は、池田理代子による漫画作品で、フランス革命の時代を舞台に、男装の麗人オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェと、隣国オーストリアから嫁いできた純真無垢な王妃マリー・アントワネットらの愛と人生を美しく描いた作品。1972年から1973年まで『週刊マーガレット』(集英社)にて連載され、マーガレット・コミックス(集英社刊)は全10巻を刊行、2014年からは、40年ぶりに新エピソードの単行本4巻も発売され、2022年時点で累計発行部数は2000万部以上を突破している。1974年には宝塚歌劇団により舞台化され、その後TVアニメ化、映画化と、様々な方面で社会現象を巻き起こし、少女漫画界に金字塔を打ち立てた。また、2022年9月からは、誕生50周年を記念した展覧会「誕生50周年記念 ベルサイユのばら展 -ベルばらは永遠に-」が東京ほかにて開催予定。そしてこのたび、1972年の連載開始から50年の時を経て、完全新作で劇場アニメ制作が決定した。


解禁となったティザービジュアルには、「激しく、美しく、生きた―」というキャッチコピーとともに、オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェと、マリー・アントワネットが美しく描かれている。さらに特報では、クラシック音楽にあわせて原作漫画とティザービジュアルが映し出され、かつてのトキメキを呼び起こすような、懐かしさと新作アニメへの期待が詰まった映像に。そして原作者・池田理代子から寄せられた描き下ろしのお祝いイラストには、「いつまでも忘れないでね」のコメントと共に、オスカルとマリー・アントワネットがゴージャスに描かれている。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 4件)