内田雄馬、“まあや姫”の「生き別れた弟を探している」に反応「姉さん、気付いてなかったな」

アニメ・声優 公開日:2022/08/29 4
この記事を
クリップ

声優の内田雄馬が28日、さいたまスーパーアリーナで行われたアニメソングの祭典『Animelo Summer Live 2022 -Sparkle-』に出演。アニサマは2019年に出演して以来、2回目となる。




テレビアニメ『怪病医ラムネ』のオープニング曲『SHAKE!SHAKE!SHAKE!』、テレビアニメ『灼熱カバディ』のエンディング曲『Comin' Back』と立て続けにアップテンポナンバーを歌唱。「パワーを全部使い果たせ!」「まだまだ元気~?」などと観客をあおった内田は、バックダンサーとともに激しいダンスを踊り、全力パフォーマンスで魅せた。


3曲目のテレビアニメ『あひるの空』のエンディング曲『Over』では、アニサマ同日出演の3人組バンド・sajiとコラボ。同じレコード会社、またsajiが『あひるの空』のエンディング曲を務めているという共通点もあり、さらにプライベートでも交流があるという。内田がsajiのボーカル・ヨシダタクミにチーズケーキを手作りしてプレゼントした仲良しエピソードも語られた。


この日のアニサマでは、サプライズゲストとして歌手の松平健が登場し、『マツケンサンバII』を披露した。歌唱前の寸劇で、お姫様役の内田真礼が「生き別れた弟を探している」と語っていたが、内田は自身のステージで「きょう1つ夢が叶いました。生き別れた姉と会えたことです(泣)。でも姉さん、気付いてなかったな。でもすごく楽しそうだったから、幸せで~す!」とコメントし、笑わせた。

→寸劇の詳細:松平健、まさかのアニサマ初降臨で“窮地”救う!2万人と『マツケンサンバ』踊り明かす


【画像】“生き別れた弟”もいた?


2005年に初開催した『Animelo Summer Live』(通称「アニサマ」)はアニソン界の人気アーティストが一堂に会する世界最大規模のアニソンイベントで、今年で17回目。毎年夏に3日間かけて行われ、約50組のアーティストが集結する。昨年に続き、コロナ禍となってから2度目の有観客開催。今年は「Sparkle(スパークル)」をテーマに掲げており、同名のテーマソングは歌詞を中村彼方氏、作曲を田中秀和氏が手掛けている。


▼animelo mix会員限定チケット先行抽選受付中(本日8/29まで!)


【最新一覧】アニサマ2022現地レポ―トはこちら


【DAY3】アニサマ現地レポート

まさかの降臨!


【DAY2】アニサマ現地レポート

サプライズ!


【DAY1】アニサマ現地速報レポート


©Animelo Summer Live 2022

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)