「ナナシス」から3組がアニサマ初登場 「777☆SISTERS」ら個性溢れるステージ展開

アニメ・声優 公開日:2022/08/28 8
この記事を
クリップ

アイドル育成ゲーム『Tokyo 7th シスターズ』に登場するアイドルグループ「777☆SISTERS(スリーセブンシスターズ)」、女子高生3人組グループ「4U」、双子ユニット「KARAKURI」が28日、さいたまスーパーアリーナで行われたアニメソングの祭典『Animelo Summer Live 2022 -Sparkle-』に登場。初のアニサマ出演となった。




『Tokyo 7th シスターズ』は2014年に配信されたコンテンツ。プレイヤーは次世代アイドル劇場型スタジオで二代目支配人となり、アイドルたちを育成するというもの。アニサマには「ナナシス」から3組のアイドルが出演し、個性あふれるステージを展開した。


「ナナシス」の中でトップバッターとなったのは、「KARAKURI」。双子である空栗ヒトハ、フタバ(CV.秋奈)は、アリーナ席の真ん中に設置されたスペシャルステージに立ち、『AMATERRAS』を、ナナシスにおけるトップアーティストとして堂々と披露した。


続いて、佐伯ヒナ(CV.長縄まりあ)、鰐淵エモコ(CV.吉岡茉祐)、九条ウメ(CV.山下まみ)による「4U」で、『メロディーフラッグ』『LOVE AND DEVIL』の2曲をメドレーでパフォーマンスした。


「777☆SISTERS」は春日部ハル(CV:篠田みなみ)、天堂寺ムスビ(CV:高田憂希)、角森ロナ(CV:加隈亜衣)、野ノ原ヒメ(CV:中島唯)、芹沢モモカ(CV:井澤詩織)、臼田スミレ(CV:清水彩香)、神城スイ(CV:道井悠)、久遠寺シズカ(CV:今井麻夏)、アレサンドラ・スース(CV:大西沙織)、晴海サワラ(CV:中村桜)、晴海カジカ(CV:高井舞香)、晴海シンジュ(CV:桑原由気)の12人で構成されている、大所帯のグループ。メインステージに立つと、メンバーカラーの衣装でダンスとともに『FUNBARE☆RUNNER』を歌った。


ラストは全3組で、劇場アニメーション『Tokyo 7th シスターズ -僕らは青空になる-』の主題歌『Departures -あしたの歌-』を熱唱。最後には元気よく「ありがとうございました~!」と観客に向かってあいさつ。名残惜しそうにステージを後にした。


2005年に初開催した『Animelo Summer Live』(通称「アニサマ」)はアニソン界の人気アーティストが一堂に会する世界最大規模のアニソンイベントで、今年で17回目。毎年夏に3日間かけて行われ、約50組のアーティストが集結する。昨年に続き、コロナ禍となってから2度目の有観客開催。今年は「Sparkle(スパークル)」をテーマに掲げており、同名のテーマソングは歌詞を中村彼方氏、作曲を田中秀和氏が手掛けている。


【最新一覧】アニサマ2022現地レポ―トはこちら


【DAY3】アニサマ現地レポート

サプライズ!


【DAY2】アニサマ現地レポート
サプライズ!

更新中…


【DAY1】アニサマ現地速報レポート


©Animelo Summer Live 2022

※本記事は掲載時点の情報です。