FLOW、5年ぶりアニサマで2日目トリ「幸せ!」熱い思いと感謝明かす

アニメ・声優 公開日:2022/08/28 6
この記事を
クリップ

5人組ロックバンド・FLOWが27日、さいたまスーパーアリーナで行われたアニメソングの祭典『Animelo Summer Live 2022 -Sparkle-』に登場。5年ぶりとなるアニサマで2日目公演のトリを飾った。




登場すると当時にテレビアニメ『コードギアス 反逆のルルーシュ』のオープニング曲『COLORS』のイントロが流れると、観客から「おお」と喜びの声があがった。そのまま同じ作品に提供した『DICE』を、アニメ映像とともに演奏した。


「まだまだいけちゃいますか!」と観客をあおるボーカルのKEIGO。今年、トリという大役を担ったが「幸せです!」と大喜び。「僕たちが初めてアニサマに出たのが2013年。その頃、ロックバンドなのかアニソンバンドなのか、周りから聞かれて気にしていた頃だった。その中、アニサマでライブをやって、マジでヤバいアーティスト、世界一のオーディエンス、それを体感させてもらった。ジャンル関係なく、すごいものがすごいんだって思った。そこに立ち続けたいと思ったのがアニサマでのライブ。なので、そのアニサマでトリをできているのは幸せなこと。これだけで2022年は最高の年」とアニサマへの熱い思いを吐露した。


FLOWは今年の7月でデビュー20周年を迎えた。そして、KEIGOは「アニサマで言いたかった」と、来年に幕張メッセで開催されるライブを告知。ライブは「アニメ縛り」で、「20年間で関わったアニメ作品への愛、ファンへの感謝を込めて思いっきりお祭りライブをやりたい!」とその場にいるアニメファンに呼びかけ、大きな拍手を受けた。


続けて披露した、テレビアニメ『NARUTO -ナルト-』のオープニング曲『GO!!!』では、ボーカルのKEIGOとKOHSHIがステージの端から端までダッシュしながら熱唱。最後はナルトの息子が主人公の『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』のオープニング曲『GOLD』を披露し、トリという大役に相応しいステージでアニサマ2日目を締めくくった。


▼2日目トップバッターで爆アゲコラボも!


2005年に初開催した『Animelo Summer Live』(通称「アニサマ」)はアニソン界の人気アーティストが一堂に会する世界最大規模のアニソンイベントで、今年で17回目。毎年夏に3日間かけて行われ、約50組のアーティストが集結する。昨年に続き、コロナ禍となってから2度目の有観客開催。今年は「Sparkle(スパークル)」をテーマに掲げており、同名のテーマソングは歌詞を中村彼方氏、作曲を田中秀和氏が手掛けている。


【最新一覧】アニサマ2022現地レポ―トはこちら


【DAY2】アニサマ現地レポート
!!!サプライズ!!!


本日も更新中…


【DAY1】アニサマ2022速報レポート


©Animelo Summer Live 2022


※本記事は掲載時点の情報です。