FLOW×GRANRODEO×angela “レジェンド”代表曲で爆アゲ「本人たちに黙って歌った(笑)」

アニメ・声優 公開日:2022/08/27 13
この記事を
クリップ

アニメソングの祭典『Animelo Summer Live 2022 -Sparkle-』の2日目公演が27日、さいたまスーパーアリーナにて行われた。



トップバッターを飾ったのはFLOWGRANRODEOangelaの3組による『SKILL』。言わずとしれた“レジェンド”JAM Projectの代表曲で、まさかの1曲目からの“アゲ曲”に会場はどよめいた。各バンドのボーカル陣は肩を組んだり、目を合わせたりしながら叫ぶように大熱唱。「I can fly!」「You can fly!」のコール&レスポンスの部分では観客約1万7000人がジャンプ。コロナ禍で声を出せないことに会場がもどかしさを感じるほどだった。


歌唱後、しばしのトーク時間が設けられると、angelaのボーカル・atsukoが「奥井雅美でーす。奥井雅美やで~」と嘘の自己紹介し、会場を笑わせた。また、GRANRODEO のKISHOW(谷山紀章)が「『SKILL』はさんざんアニサマで歌われてきた曲。きょうは本人たちに黙って歌った(笑)」と明かし、「しょっぱなからやってしまいましたね。みんなのほうがすごいよ。いきなり大丈夫?」と冒頭からのエンジン全開を気遣った。最後には「この後、どんどん若い奴らが出てきますから。おっさんたちは最後のほうにちょろっと出るから~」と予告していた。


アニサマ2021年もGRANRODEOが2日目トップバッターでコラボ!


2005年に初開催した『Animelo Summer Live』(通称「アニサマ」)はアニソン界の人気アーティストが一堂に会する世界最大規模のアニソンイベントで、今年で17回目。毎年夏に3日間かけて行われ、約50組のアーティストが集結する。昨年に続き、コロナ禍となってから2度目の有観客開催。今年は「Sparkle(スパークル)」をテーマに掲げており、同名のテーマソングは歌詞を中村彼方氏、作曲を田中秀和氏が手掛けている。


【最新一覧】アニサマ2022現地レポ―トはこちら


【DAY1】アニサマ現地レポート


©Animelo Summer Live 2022

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)