CHiCO with HoneyWorks(チコハニ)初アニサマ、亜咲花と『プライド革命』熱唱も

アニメ・声優 公開日:2022/08/27 8
この記事を
クリップ

クリエイターユニット・CHiCO with HoneyWorksが26日、さいたまスーパーアリーナで行われたアニメソングの祭典『Animelo Summer Live 2022 -Sparkle-』に登場。初のアニサマとなった。ボーカルのCHiCOは「はじめまして!夏のたった3日間しかないすてきなイベントを一緒に駆け抜けていきましょう~」とファンに呼びかけた。




休憩明けとなったチコハニのパフォーマンスは、観客席の真ん中に設置されたサブステージで行われた。冒頭の披露曲は『ヒミツ恋ゴコロ』とテレビアニメ『彼女、お借りします』第2期オープニング曲。この日は同作品に登場するキャラクター・更科瑠夏生(CV:東山奈央)の誕生日とあって、生歌のプレゼントとなった。


2曲目はテレビアニメ『アオハライド』オープニング曲で、自身のデビュー曲でもある『世界は恋に落ちている』。歌い終えると、CHiCOは「アニサマに出演できてめちゃくちゃうれしい」と初出演にしみじみ。「私はデビューが2014年なんですが、2013年の一般ピープルだった時、お客さんとしてアニサマに遊びに来ていた」と告白。「今回初めてチコハニを聞く人もいると思うので興味を持ってもらえたらうれしい」と観客に呼びかけた。


最後の曲に差し掛かろうとしたところで、「エモい、エモかったんですけど~」という声をとともに、亜咲花が現れた。プライベートでCHiCOと仲良しという亜咲花は、そのままチコハニとともにテレビアニメ『銀魂゜』第2クールオープニング曲『プライド革命』を歌唱した。人気曲の披露に会場も大喜びだった。


2005年に初開催した『Animelo Summer Live』(通称「アニサマ」)はアニソン界の人気アーティストが一堂に会する世界最大規模のアニソンイベントで、今年で17回目。毎年夏に3日間かけて行われ、約50組のアーティストが集結する。昨年に続き、コロナ禍となってから2度目の有観客開催。今年は「Sparkle(スパークル)」をテーマに掲げており、同名のテーマソングは歌詞を中村彼方氏、作曲を田中秀和氏が手掛けている。


【最新一覧】アニサマ2022現地レポ―トはこちら


アニサマ現地レポート



©Animelo Summer Live 2022


※本記事は掲載時点の情報です。