岡本信彦、学生時代の“キラキラ風”な思い出明かす「体育祭の応援団の練習後に…」

アニメ・声優 公開日:2022/08/17 6
この記事を
クリップ

アニメ専門チャンネル<アニマックス>は、2022年9月3日(土)から上田麗奈、江口拓也、大橋彩香岡本信彦、小野大輔、斉藤壮馬、高橋李依、増田俊樹、Machicoら人気声優52名が出演するアニマックス朗読劇『ハニーレモンソーダ』をヒューリックホール東京で開催する。



開催前から既に盛り上がりを見せているアニマックス朗読劇『ハニーレモンソーダ』。今回、パンフレット撮影現場に潜入し、9月11日(土)に三浦界(みうら かい)役で出演する岡本信彦と9月7日(水)に石森羽花(いしもり うか)役で出演する大橋彩香に直撃インタビューを敢行した。


暑さを吹き飛ばすような笑顔で撮影現場にやってきた岡本信彦と大橋彩香。爽やかな白の衣装に着替えて、いよいよパンフレット用の写真撮影がスタート。背景は、タイトルに合わせて“ハニーレモン”色。それにあわせ元気いっぱいのポージングから、アンニュイな仕草まで、たくさんの表情を見せてくれた。

【画像】パンフレット用写真の撮影に臨む2人


パンフレットではどのショットが採用されているのか?是非、お手に取って楽しんでみては。アニマックス『ハニーレモンソーダ』パンフレットは会場で販売予定だ。


<【開催直前インタビュー】出演する意気込みから、『ハニーレモンソーダ』のようなキラキラした!?学生時代のエピソードまで!>

――演じるキャラクターの印象を聞かせてください。
岡本信彦(以下、岡本)僕の演じる界くんは、クールでかっこいい男の子。ファーストインプレッションはクールというか不愛想な印象が強いのですが、一本筋が通っていて、踏み込めば踏み込むほど味が出るタイプだと感じました。

【インタビューカット】岡本信彦(全3枚)

大橋彩香(以下、大橋)羽花ちゃんは、登場時は地味な印象を受けるのですが、本当はすごく明るい女の子。界くんや友人たちの影響を受けて、どんどん勇気を出せるようになっていきます。苦手なものに立ち向かい、変わっていく姿がすごく素敵だなと思いました。

【インタビューカット】大橋彩香(全3枚)


――そんな界くん、羽花ちゃんに共感できる部分はありましたか?
大橋:私も周りを気にするタイプで、自分に自信がなく、自己肯定感が低いんです。そういう部分が似ているからこそ、羽花ちゃんが変わっていく姿に勇気をもらえました。

岡本:僕と界くんは、どちらかというとかけ離れた存在だと思います。僕は学生時代、“広く浅く”交友関係を築くタイプだったので…。界くんは仲間たちだけに心を開く“狭く深い”タイプな気がして、そういうのって特別感があって良いなと思いました。界くんのようにクールな男の子になりたかったんですけどね~…。確固たる意志とプライド、そしてかっこいい顔がないと難しいと思います(笑)。

【関連】岡本信彦“粘り勝ち”で購入した商品明かす 西山宏太朗に感想求められるも「実は…」


――本公演には、総勢52名の声優さんが回替わりで出演します。ズバリ、マルチキャストの魅力はなんだと思いますか?
大橋:それぞれに演技プランがあるので、その違いを楽しめるのが一番の魅力ではないかと思います。何度も出演される方でも、キャストの組み合わせが変わると演技もガラッと変わるので。その化学反応を楽しめるのが、マルチキャストの良いところなのではないでしょうか。

岡本:全公演の出演者が超豪華ですしね!どの公演も気になる…全通したい(笑)。『ハニーレモンソーダ』が好きな人は、自分の好きな配役で作品・キャラクターを楽しむことができるのが、この公演の醍醐味になりそうですね。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 13件)