『ダンジョン飯』アニメ化決定 シリーズ累計850万部突破の大人気コミック

アニメ・声優 公開日:2022/08/10 2
この記事を
クリップ

シリーズ累計発行部数850万部(デジタル版含む)を突破する、大人気コミック『ダンジョン飯』のTVアニメ化が決定した。



『ダンジョン飯』は独創的な短編集で注目を集め頭角を現した、九井諒子初の長編連載作品。これまで『このマンガがすごい!2016』オトコ編・1位など数々の賞を獲得し、多くのファンからアニメ化を切望されてきた。


アニメーション制作は『リトルウィッチアカデミア』『SSSS.GRIDMAN』、映画『プロメア』など、世界中から注目を集める作品を世に送り出し続けるスタジオ・TRIGGERが担当する。

【関連】「プロメア」異例の超ロングラン大ヒット、度し難いほどの感謝をイラストカードに


さらに、TVアニメ化を記念してティザービジュアルが解禁された。


ビジュアルの中央にはダンジョンの奥底で大鍋を囲む、ライオス、魔法使いの少女マルシル、鍵師の小柄なチルチャック、料理が得意なドワーフのセンシの姿が。そして、美味しそうな鍋の完成を待ちわびる彼らを、暗闇からダンジョンのモンスターたちが伺い見るという、「ダンジョン飯」らしい一枚となっている。


これから始まるライオスたちの冒険と、目くるめくダンジョングルメが、どのようにTVアニメ化されるのか。放送の時期など今後の情報解禁から目が離せない。


<イントロダクション>
「待ってろドラゴン、ステーキにしてやる!」
ダンジョンの奥深くでドラゴンに襲われ、金と食料を失ってしまった冒険者・ライオス一行。
再びダンジョンに挑もうにも、このまま行けば、途中で飢え死にしてしまう。
そこでライオスは決意する。「そうだ、モンスターを食べよう!」
スライム、バジリスク、ミミック、そしてドラゴン!
襲い来る凶暴なモンスターを食べながら、ダンジョンの踏破を目指せ!冒険者よ!



■『ダンジョン飯』
【原作】九井諒子(「ダンジョン飯」/KADOKAWA刊)
【アニメーション制作】TRIGGER

(C)九井諒子・KADOKAWA刊/「ダンジョン飯」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)