『ONE PIECE FILM RED』ロケットスタート、2日間で157万人動員&興行収入22.5億円を突破

アニメ・声優 公開日:2022/08/08 4
この記事を
クリップ

8月6日(土)より公開となった『ONE PIECE FILM RED』が、8月6・7日の2日間で 157万人動員、興行収入が 22.5億円を突破し、2022 年オープニング作品週末土日2日間動員・興行収入 No.1、『ONE PIECE』映画 No.1 スタート、そして東映歴代オープニング週末土日2日間動員・興行収入 No.1 となる大ヒットスタ―トをきった。

1997年より「週刊少年ジャンプ」にて連載開始した超人気コミック『ONE PIECE』(尾田栄一郎・著/集英社刊)。コミックスの全世界累計発行部数は前人未踏の“5億部”を超え、単行本は“100 巻”の大台に乗り(8月13日現在、既刊 103 巻)、テレビアニメも“1000 話”を突破。連載は今年7月で 25周年を迎え、ついに最終章に突入。原作・アニメ・映画など、この夏怒涛の“OP 祭り”が展開空前の盛り上がりを見せている。




8月6日(土)に公開日を迎えた本作は、 6日(土)、7日(日)の動員数が 157万人、興行収入が 22.5億円を突破するロケットスタートを切った。この数字は、2022年4月15日公開劇場版『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』を抑えて、2022年オープニング週末土日 2 日間動員数・興行収入ともに No.1 となった。さらに『ONE PIECE』映画史上としても、シリーズ最高興行収入の『ONE PIECE FILMZ』(2012 年 12 月公開/興行収入 68.7 億円)を超え No.1 スタート。前作『STAMPEDE』の金土日3日間と『FILM RED』の土日 2 日間を比較して 178%という驚異の数字を見せた。


さらに本作の配給会社である東映の歴代オープニング週末土日 2 日間動員数・興行収入NO.1 のスタートともなり、シリーズ最高興行収入、そして興行収入 100 億円越えへの期待が益々高まる。映画公開初日は、異例の上映回数にも関わらず全国の劇場で終日満席が続出。さらには、Apple Music のトップ 100:日本、Spotify の TOP50 JAPAN では、主題歌『新時代』がついに1位を獲得。音楽シーンでも『FILM RED』が席巻している。SNS 上では、「何回も何回も劇場で観たい。」、「全てが良すぎて最高でした!もうアクションもストーリーも演出もすごくて興奮も感動もしました!!」、「親子でこんなにワクワク楽しめた映画作品はワンピースが初めて!ライブ感が最高過ぎて、早く 2 回目観に行きたい!!️」など絶賛の声が多く寄せられ、好評を博している。


さらに 8 月 13 日(土)からは、第 2 弾入場者プレゼント『ONE PIECE カードゲーム チュートリアルデッキ』(全国合計 50 万パック限定)の配布も決定。夏休み本番に向けて、さらなる数字の伸びに期待が高まっている。


©尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)