星野源&宮野真守が女子校の教師役に 大注目のマンガ『女の園の星』待望のアニメ化決定

アニメ・声優 公開日:2022/08/07 19
この記事を
クリップ

漫画賞を総ナメにした『夢中さ、きみに。』の和山やまが描く爆笑必⾄な女子校教師の日常マンガ『女の園の星』のアニメ化が決定。このたび、アニメ化決定とあわせてキャスト情報が解禁となり、さらに2022年12月8日(木)に『女の園の星』3巻の発売されることが決定した。



「第23回文化庁メディア芸術祭」マンガ部門新人賞や、「第24回手塚治虫文化賞」短編賞ほか漫画賞を総ナメした『夢中さ、きみに。』の和山やまによる、ある女子校教師の日常を描いた大人気マンガ『女の園の星』。「このマンガがすごい!2021」オンナ編(宝島社)にて第1位を受賞し、さらには「出版社コミック担当が選んだおすすめコミック」第1位、「Apple Books Store2020年」ベスト女性マンガほか多数の賞にて高い評価を獲得し、女性を中心に熱い支持を受けている。


今大注目の『女の園の星』がファン待望のアニメ化となり、単行本3巻のBlu-ray Disc付き特装版に収録されることも決定。あわせてキャスト情報と単行本3巻の発売情報も解禁となる。


ある女子校で国語教師をする星先生役には、映画『罪の声』で「第44回日本アカデミー賞」優秀助演男優賞の受賞やドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』が社会現象を巻き起こすなど俳優として活躍する一方で、大ヒットした『恋』『アイデア』『不思議』をはじめ、今年リリースした『喜劇』が世界的なバイラルヒットを記録するなど音楽家としても大活躍する星野源が担当。


今回のアニメ化を受けて星野は「新刊を心待ちにしていたので、オファーを頂いた時は驚きと同時にとても嬉しく思いました。星先生として、和山先生のアニメーション世界の歯車になれるよう、頑張ります。」(全文別途記載)とコメント。

【関連】特番『おげんさんのサブスク堂』放送決定 星野源&松重豊が“人生を変えた音楽”を語りつくす


そんな星先生と同僚である小林先生役には、TVアニメ『DEATH NOTE』で注⽬を集め、映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』で吹き替えを担当し声優として大活躍する一方で、俳優として舞台やミュージカルに出演し、さらにはアーティストとして日本武道館でのライブも成功させ、活躍の幅を広げ続けている宮野真守が担当。今回のアニメ化を受けて宮野は「オファーをいただけてとても嬉しかったですし、星野さんとアニメで共演出来るとは思ってなかったので、とっても幸せです。星先生と小林先生の、独特な仲良し感も本当に素敵で、星野さんと最高のコンビネーションをお見せできればと思っています!」(全文別途記載)とコメント。


また今回のオリジナルアニメは2022年12月8日(木)に発売される『女の園の星』3巻のBlu-ray Disc付き特装版に収録されることも決定。特装版については、完全予約受注生産となり、全国の書店やネット書店で2022年9月20日(火)まで予約が可能となる。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)