累計800万部突破の人気作『怪獣8号』全世界待望のアニメ化 壮大な戦い予感させる特報公開

アニメ・声優 公開日:2022/08/05 3
この記事を
クリップ

集英社「少年ジャンプ+」にて連載中の松本直也による大人気コミック『怪獣8号』。日本のみならず世界中のマンガファンを席巻している本作が遂にアニメ化決定。



2020年7月より連載が開始された本作の舞台は、日常的に怪獣が人々をおびやかす世界。怪獣を討伐する「日本防衛隊」への入隊を志していた主人公・日比野カフカは、一度はその夢を諦めるも、ある出来事をきっかけに再び防衛隊を目指す。


怪獣と隣り合わせの世界で、時に傷つきながらも逞しく生きる人々のドラマ。そして最新鋭の装備を備えた防衛隊と、無慈悲に襲い来る怪獣との大迫力のバトルが、あらゆる年代・あらゆる地域の読者を魅了している。


現在までにコミックスの累計発行部数は800万部を突破し、ジャンプ+累計閲覧数は驚異の3億超え。連載開始後、圧倒的速度でジャンプ+を代表するマンガの1つとなり、今なお加速する人気でファンを拡大し続けている。「次にくるマンガ大賞2021」Webマンガ部門1位、2020年度コミックス第1巻年間売り上げ1位をはじめ数々のマンガ賞に輝き、メディア化前にして抜群の知名度を誇る本作。海外に目を向けると「MANGA Plus by SHUEISHA」をはじめ複数のサービスを通じて、8言語・一部地域を除く全世界で日本と同時配信中。プリント版は35の国と地域で刊行。世界中で好評を博している。そしてこのたび、全世界待望のアニメ化が、『8号の日』となる本日8月5日に発表となった。

【関連】『チェンソーマン』『SPY×FAMILY』など紐解く 雑誌『SWITCH』で「少年ジャンプ+」特集


アニメ化発表とあわせて公開となったのはアニメオリジナルのタイトルロゴ。作品のアイコンとなる印象的な「8」を中心として、“怪獣に対する畏怖と戦意”を感じさせるデザインになっている。怪獣の脅威、それに立ち向かう防衛隊の戦いを象徴し、アニメーションならではの魅力をより一層引き立たせる。


さらに、本作の特徴である「日常の中に怪獣が現れる世界」を覗くかのような迫力あるアニメ化発表特報も公開。陰影を帯びた市街地の写真には、作中の世界を感じさせる企業広告・交通表示が。加えてサイレンやざわめきが不安をかきたてる。楽曲は本編劇伴作家による書き下ろし。怪獣の猛々しさを感じさせるオーケストラサウンドと、防衛隊の雄々しさを象徴するギターサウンドが、かつてない壮大な戦いを予感させる。現実と虚構が入り混じる世界で何が起こるのか。不穏さの中にも湧き上がるような期待を感じる映像となっている。


アニメ『怪獣8号』の詳細は後日発表となる。今後の続報から目が離せない。


<アニメ『怪獣8号』イントロダクション>
日常的に怪獣が人々をおびやかす世界。
怪獣を討伐する「日本防衛隊」への入隊を志していた日比野カフカは、
いつしかその夢を諦め、怪獣専門清掃業者で人知れず働いていた。

「二人で怪獣を全滅させよう」

かつてそう誓い合った幼馴染の亜白ミナが第3部隊隊長として脚光を浴びるなか、
彼女と共に戦えない不甲斐なさを抱えるカフカ。

しかし、防衛隊を目指す後輩・市川レノとの出会いをきっかけに、止まっていた時が動き出す。
ミナの隣に立つために。怪獣から人々を守るために。カフカは再びかつての夢を追い始める。

――だが彼は知らなかった。
怪獣の脅威が、思いもかけない形で近付いていたことを。


▼『怪獣8号』アニメ化発表特報




©防衛隊第3部隊 ©松本直也/集英社

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ