モー娘。‘22 石田亜佑美、斉藤朱夏に「振付を作ってプロデュースしたい」初共演で意気投合

アニメ・声優 公開日:2022/07/20 6
この記事を
クリップ

声優・斉藤朱夏がパーソナリティを務めるラジオ番組『斉藤朱夏 しゅかラジ!』(FM NACK5 / 毎週水曜 深夜0:30〜1:00)の特別編 #5が7月17日に生配信された。


通算5回目の特別編にゲスト出演したのは、モーニング娘。‘22のサブリーダー・石田亜佑美。同世代の2人は初共演ながらすぐに意気投合し、青春時代に流行ったモノなどをテーマににぎやかに語り合った。ライブ配信サービス・Streaming+にて、7月23日(土)まで配信中(視聴は有料)の特別編 #5のレポートをお届けする。



■“特別編”でもマイペース!

今回の特別編は、斉藤が通常運転でリスナーとゆったり過ごす<第1部>と、ゲストの石田も交えてスペシャルトークを繰り広げる<第2部>の二部構成。8月17日(水)リリースの斉藤朱夏のニューシングル『イッパイアッテナ』に因んで、【伝えたいことがイッパイアッテナ】と題した視聴者からのメッセージ紹介や、斉藤からリスナーに電話をかける“逆電”企画も挟み、内容盛りだくさんで進行した。

冒頭いきなり“逆電”するなど、『しゅかラジ!』は特別編でもマイペース。斉藤も「ゆるいです。リハは5分で終わりました」とリラックスモードで、アシスタントのAD・アシコから「朱夏さん、『しゅかラジ!』に伝えたいことをお願いします」とリクエストされると、「ただただこの番組は、私が幸せな番組です(笑)。コメントゲストがとにかく豪華っていうハッピーラジオなんで。こうしてできるのもスタッフのおかげでもあるし、リスナーの皆さんのおかげ。今後もお付き合いいただけたらと思います」と、しゅかスマイルで総括した。


■斉藤朱夏の“自分を表す3つの言葉”

<第1部>では、3年目に突入した『しゅかラジ!』の過去のオンエア回から斉藤の発言をクイズ形式で振り返るコーナーも。2020年7月1日の初回で、斉藤が「今の自分を表す“3つの言葉”」に選んだのは、“スタート”と“背伸び”、そしてもう一つは?

この質問に「なんだろう…何て言ったんだろう、過去の自分(笑)…全然覚えてないな」とお手上げ状態の斉藤。正解は“種”。「まだまだ未熟な私、ラジオを通して、ステージでライブをやることによって成長し続けて、いつかはきれいな花になりたいと思っています」という当時の音声を確認した斉藤は「素敵なこと言ってるじゃないですか~! “種”かぁ! 思いつかないね」と、過去の自分に喝采を送っていた。


■「もともと“アイドルになろう”じゃなかった」

そして<第二部>で石田が元気に登場すると、2人のスペシャルトークがスタート!

2人が顔を合わせるのはモーニング娘。‘22のライブ以来で、意外にも共演は今回が初めてなのだそう。でも、斉藤が「ほとんど初めてしゃべるんで…若干のぎこちなさはあるんですけど。今日でもう、仲良くなる!」と意気込めば、石田も「なろう!」と即座に応じ、2人の息は最初からピッタリ。

トークテーマとして用意された“100の質問”に、持ち前の明るいキャラクターを発揮してケラケラ笑いながら答えていく2人。「斉藤朱夏から石田亜佑美へ質問タイム!」のお題では、斉藤が「なんでアイドルになろうと思ったんですか?」と質問を投げかけた。

「私、もともと意識が“アイドルになろう”じゃなかったんです」と語り始めた石田。「“テレビに出る人になりたい”っていうのが小さい頃からの夢で。『テレビに出る人はみんなダンスやってるんだよ』って言われてダンスを始め、そのダンススタジオにオーディションの情報が貼り出されて、せっかくダンスをやってきたし披露する場所に立てたらうれしいな、と思ったんです。なので、アイドルになりたいというよりは、“モー娘。になりたい”と思った、っていう感じです」。国民的アイドルのサブリーダーが語った知られざるデビュー秘話に、斉藤も「すごい、いいこと聞けた!」と興味津々聞き入った。

一方、石田には「斉藤朱夏をプロデュースするなら?」というお題が用意されていた。石田は「『イッパイアッテナ』のMVを観させていただいたら、ケーキを食べながら…とかすごく可愛くて。私、まだ振りを作ったことはないんですけど、カッコいい振りより可愛い振りを振付してみたいんですよ。私がもしプロデュースするなら、振りを作って踊ってもらうっていうプロデュースをします!」とかなり具体的に回答。すぐにも実現可能そうなプランに、斉藤も「すごい! 楽しそう! それいいなぁ!」とはじける笑顔で喜んだ。

実はこの日、斉藤や石田とともに収録に臨んだ番組アシスタントのAD・あしこ(番組には声のみの登場)は、プライベートでも大の石田亜佑美ファン。

石田の登場前から「マイク滑り落ちそうです、手汗で」と緊張をにじませ斉藤にイジられていたが、<第2部>で石田本人を前にすると「“可愛い”しか出てこないです」と大興奮。努めて冷静にアシスタントを務めながらも、斉藤と石田の青春時代の懐メロなどを振り返る「女25歳、青春クイズ」のコーナー(読み上げられた歌詞から曲名を当てる“歌詞朗読クイズ”の問題)で、石田が「恋愛レボリューション21」のサビをアカペラ披露すると、「これもうライブですね」と大喜びだった。まさかのモー娘。曲の出題に、斉藤&石田も大興奮で、女子会のようなにぎやかな雰囲気で配信を盛り上げた。

12月に初の公開イベントが決定した『しゅかラジ!』。配信内では、斉藤がそのうれしい報告をする場面も。ほかにも、<第1部>ではTwitterアンケートで1位になったポージングでスクショタイムを設ける「こんな朱夏さん見てみたい」企画、<第2部>では同年代の2人が青春時代に流行ったモノを振り返る「女25歳、青春クイズ」のほか「以心伝心ゲーム」でも盛り上がった特別編 #5。アーカイブ視聴できる視聴券は、2022年7月23日(土)21:00まで販売中だ。


撮影/市川秀明

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)