鈴鹿央士×飯豊まりえ『夏へのトンネル、さよならの出口』予告映像&追加キャスト一挙解禁

アニメ・声優 公開日:2022/07/12 3
この記事を
クリップ

9月9日(金)に全国公開となる劇場版アニメ『夏へのトンネル、さよならの出口』。このたびeillが書き下ろした楽曲が初披露となる予告映像と追加声優陣、最新ポスタービジュアルが解禁となった。 




優しさと切なさに満ちたひと夏の青春を繊細な筆致で描き、デビュー作にして第13回小学館ライトノベル大賞のガガガ賞と審査員特別賞のW受賞を果たした八目迷の『夏へのトンネル、さよならの出口』(小学館「ガガガ文庫」刊)が、このたび劇場版アニメとして映像化、9月9日(金)に全国公開となる。


欲しいものが手に入るという“ウラシマトンネル”。心に秘めた想いを抱え、不思議なトンネルに足を踏み入れた少年少女のひと夏の物語を描いた本作。監督を務めるのは映像表現に定評のあるアニメーション監督・田口智久(『デジモンアドベンチャーLAST EVOLUTION 絆』、『アクダマドライブ』)、キャラクター原案・原作イラストを精緻でドラマティックなイラストレーションで知られるくっか(『D_CIDE TRAUMEREI』キャラクター原案)、制作を『映画大好きポンポさん』などを手がける新進気鋭の制作会社CLAPが担当するなど、次世代アニメーション界を担う注目のスタッフが集結。主人公・塔野カオルを鈴鹿央士、転校生・花城あんずを飯豊まりえがフレッシュに演じ、夏の終わりにふさわしい、エモーショナルで心に響く少年少女の成長物語が誕生した。


解禁された予告映像では、カオルとあんずは、欲しいものがなんでも手に入るという“ウラシマトンネル”を見つける。真っ赤な紅葉が並ぶ奇妙なトンネルは、外とは時間の経過が違っていた。トンネルの秘密を探り、互いに欲しいものを手に入れるため、2人は共同戦線を結ぶこととなる。eill が新たに書き下ろした楽曲『プレロマンス』のアップテンポな曲調とともにカオルとあんずがトンネルの謎に迫っていく姿が描写され、これからの展開に期待を膨らませる映像となっている。世界を断絶するトンネルを進んだ先に、2人が求めるものとは一体…。郷愁と疾走感あふれる少年少女の成長物語に目が離せない。


また、今回、新たな出演者も発表。カオルの友人・加賀翔平役には、『甲鉄城のカバネリ』や『僕のヒーローアカデミア』など数々の人気キャラクターを担当する畠中祐が演じ、あんずにけんか腰な同級生・川崎小春役には『ラブライブ!サンシャイン!!』などで活躍中の女優で声優の小宮有紗。さらに、ふたりのクラスの担任教師・浜本先生を『結城友奈は勇者である』の照井春佳、カオルの父を、洋画吹き替えからアニメーションまで幅広く活躍する小山力也が、そしてカオルの妹・塔野カレン役には『若おかみは小学生!』で主演声優をつとめ、ドラマ・映画でも活躍の幅を広げる小林星蘭に決定した。


新しく解禁となったポスタービジュアルは、三角に切り取られた空間の中で、カオルとあんずが手を取り合い、2人の距離感が縮まったイラストとなっており、足元にはビニール傘や、片足分のサンダルなど、本作のキーアイテムと思われる物が描かれている。


《STORY》
ウラシマトンネル――そのトンネルに入ったら、欲しいものがなんでも⼿に入る。ただし、それと引き換えに…。
掴みどころがない性格のように見えて過去の事故を心の傷として抱える塔野カオルと、
芯の通った態度の裏で自身の持つ理想像との違いに悩む花城あんず。
ふたりは不思議なトンネルを調査し欲しいものを⼿に入れるために協力関係を結ぶ。
これは、とある片田舎で起こる郷愁と疾⾛の、忘れられないひと夏の物語―。



▼『夏へのトンネル、さよならの出口』予告




■『夏へのトンネル、さよならの出口』
9月9日(金) 全国公開
【キャスト】
鈴鹿央士 飯豊まりえ
畠中祐 小宮有紗 照井春佳 小山力也 小林星蘭
【原作】八目迷『夏へのトンネル、さよならの出口』(小学館「ガガガ文庫」刊)/キャラクター原案・原作イラスト:くっか
【監督・脚本】田口智久
【主題歌・挿入歌】『フィナーレ。』『プレロマンス』eill
【配給】ポニーキャニオン

©2022 八目迷・小学館/映画『夏へのトンネル、さよならの出口』製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。