岡本信彦“粘り勝ち”で購入した商品明かす 西山宏太朗に感想求められるも「実は…」

アニメ・声優 公開日:2022/06/17 6
この記事を
クリップ

古矢渚原作、鬼ポジティブな泣き虫後輩×押しに弱めな毒舌先輩の追いかけっこラブ『SとN』が、ドラマCDとなって2022年7月29日発売される。このたび、本作の収録を終えた岡本信彦西山宏太朗のオフィシャルインタビューが到着した。



本作では、突然先輩に告白をし、どんなに突っぱねられても諦めない後輩・瀬戸口和史役を岡本信彦、見知らぬ後輩に告白され、残り僅かな高校生活が平穏ではなくなってしまう名取悠太役を西山宏太朗、瀬戸口の幼馴染であり、自分を『彼女』と称する美少女?・ユキを蒼井翔太がそれぞれ演じている。


<岡本信彦&西山宏太朗 オフィシャルインタビュー>



――収録のご感想をお願いします。
岡本:とても楽しかったです。そしてしっかりとしたボリュームのドラマCDが出来たと思います。メインの二人がとっても可愛らしくて、特に出会いからラストに向かうにつれて名取の心境がどんどん変化していく模様がとても素敵でした。

西山:原作を読ませていただいて、まず絵が綺麗だなあと思いました。お話もすごく可愛くて、キュンとするところがありつつも繊細な心理描写も描かれていて、温かい気持ちになる素敵な作品というのか第一印象でした。掛け合いをしたことがなかった信彦さんと一緒に収録できるということが、すごく嬉しかったです!そして実際収録はとても楽しかったです!特典のおしゃべりCDでは、翔たん(蒼井翔太さん)から信彦さんと僕に連絡が来た話をしています(笑)。

岡本:そうだね(笑)。


――印象に残っているシーンやキャラクターを教えてください。
岡本:個人的に好きなのは、やっぱり最後のシーンです。泣いている瀬戸口に対して、名取がヨシヨシするというのは、最初の頃の拒絶されているシーンを演じた身からすると、やっぱりラストシーンは嬉しいものがあります。更にここから二人の関係にどんな変化が待っているんだろうなっていう期待も込みで、すごく好きなシーンです。それ以外に瀬戸口の変化として楽しかったところは、動物園のシーンですね。瀬戸口にとって、これはこれで幸せの1つだなぁと感じました。このシーンを演じられて良かったです。後、みんな可愛いなって思いましたね。お気に入りのキャラはユキです。とにかく個性的ですごい武器を持ってるなって思いますね!

西山:あはは(笑)。

岡本:すごい飛び道具ですよねぇ。瀬戸口とカップルにも見えるけど実は…、っていう。ダントツの個性を持ったキャラクターだと思っています。本当に一見めちゃくちゃ美少女じゃないっすか!更にCDでは(蒼井さんの)声も相まって、これは勘違いも起きるなって思いました。

西山:僕はどら焼き屋さんに行った時に店主さんがゲイだっていう話ですね。瀬戸口はその事実を最後にさらっと言って、名取が「お前はどうなの?」みたいに聞いたら、「好きなら別にどっちでもよくないっすか?」みたいな。確かに瀬戸口って性別関係なく人間であれば、好きになった人を好きになるんだなぁと。そんな瀬戸口の人物像が自然に描かれていて、それが名取の胸に響いて、そして名取もその考えを否定しないし、名取からも「人間がみんなお前みたいだったらもっと楽だったかもな……」という言葉が出て。あの掛け合いこそが二人の関係性だなと感じました。登場人物もみんな優しくて、こういう雰囲気や考え方がもっと世間に広がれば良いなぁなんていう風にも思いました。お気に入りのキャラクターはユキちゃん…ですね。

岡本:ズルいよね!

西山:ズルいんすよ。すごくニコニコしながら…、股に手を…ね!

一同:(笑)。

西山:さらりと当ててくるっていう。

岡本:言葉にしてもすごいシーンだ。

西山:名取も動揺はしていましたが、描写的にもすごく面白くて楽しい感じになってるんじゃないかなって思います。ぜひユキちゃんの股に手を当てている名取くんの描写お楽しみにしていてください。

一同:あはは(笑)。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 4件)