Snow Man佐久間大介、蒼井翔太から仕事ぶり絶賛される「完全に声優」

アニメ・声優 公開日:2022/06/15 21
この記事を
クリップ

人気グループ・Snow Man佐久間大介が15日、都内で行われた「ブシロードTCG戦略発表会2022夏」イベントに出席。声優としてレギュラー出演するテレビアニメ『カードファイト!! ヴァンガード will+Dress』についてトークを展開した。



『カードファイト!! ヴァンガード will+Dress』は、2021年4月から放送されたアニメ『カードファイト!! ヴァンガード overDress』の続編。トレーディングカードゲーム「ヴァンガード」の大会で“誰が最強なのか”を決める企画に挑む主人公ユウユたちを描く。


佐久間は、さまざまな最年少記録を次々と塗り替えつつある、元アンダー20世界王者・廻間ミチルを演じる。テレビアニメのレギュラー声優初挑戦となる佐久間は「決まったときSnow Manのメンバーに報告したら、自分のことのように喜んでくれた。『お前よかったな』と声をかけてくれてうれしかった。ミチルのカードデッキも発売されるんですが『男の子の夢じゃん!』って。むしろ悔しがってくれた。ファンの方も喜んでくれてうれしかった」と笑顔で報告した。


演じるミチルは「生きる伝説と言われている、最強のファイター」と紹介。「設定資料をもらったんですが、補足情報に“最強”しかなくて、どう演じようかと考えた。ミチルはすべてファイトに捧げていて、寝ている時もファイトのことを考えている。ファイトのとき、いかに圧倒的強さをみせられるかは考えました」といい、「最強所以のマイペースさを感じてほしいですね。ミチルは伏線っぽいセリフがたくさんあるので、ぜひ注目してほしい。ダンジとの関わりがあるキャラクターなので、どういう関係なのか見てほしいです」と見どころをアピールした。


声優としての仕事では“新たな発見”も。「収録に行くとそこで次回収録の台本をもらう。そこで(キャラクターの)成長を知る。最初から説明されるわけじゃないんだって初めて知った」とアニメ現場ならではの習慣に驚き。また、共演した蒼井翔太の演技を見て「声優さんってすごいって感じました」としみじみだった。


主人公ユウユを演じる蒼井は、佐久間が声を当てるミチルは「声優としてはすごく難しい役どころだと感じている」と話し、「でも佐久間さんはご自身の体に落とし込んでいる。台本も毎日忙しい中でしっかりと読み込んでくる。自分のセリフだけではなく、すべて読んで現場にいるんです。お芝居、アニメ、この業界が好きという思いと、キャラクターの落とし込みが完全に声優。そういう仕事をしている」と佐久間の姿勢を大絶賛した。


佐久間は照れくさそうに「声優としても頑張っていきたいと思っている。Snow Manのファンの方でヴァンガードを初めて触れる方が多いと思う。ヴァンガードの面白さを知ってもらって、全力で盛り上げたい。僕が出演する意味があればいい」と語った。



イベントではアニメの初回放送日が7月4日24時に決定したことが発表された。佐久間は「ちょうど僕の誕生日になる瞬間にアニメが始まる。それもうれしいし、新しくなった佐久間大介と初めて登場するミチルと。いろんな新しい命が出てくる瞬間なので、盛り上げられたらいい」とほほ笑んだ。


この日は狐芝ライカ役の小笠原仁、羽根山ウララ役の各務華梨、大倉メグミ役の進藤あまね、石亀ザクサ役の伊藤昌弘も登壇した。なおアニメ『カードファイト!! ヴァンガード will+Dress』は今冬にシーズン2、来夏にシーズン3が放送されることも決定した。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 15件)

この記事に関連するコメント

Aquinolit @JaimeBaro9KPOP 6月15日

Snow Man佐久間大介、蒼井翔太から仕事ぶり絶賛される「完全に声優」 | ドワンゴジェイピーnews - 最新の芸能ニュースぞくぞく! https://t.co/6klzwO9LEy