『シティーハンター』放送開始から35年、劇場版新作が制作決定 神谷明らのコメントも到着

アニメ・声優 公開日:2022/04/08 2
この記事を
クリップ

1985年に北条司が『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載を開始した『シティーハンター』は、テレビアニメ放送開始から今年で35年を迎える。また劇場版は20年ぶりとなる『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』(2019年2月8日公開)が15億円を超える大ヒットを記録し、ますます盛り上がっている『シティーハンター』だが、このたび待望の新作劇場版の制作が決定した



新作劇場版での冴羽獠役はもちろん神谷明が担当し、エンディングテーマももちろんTM NETWORKの『Get Wild』。さらに制作決定の情報解禁日である2022年4月8日は『Get Wild』リリースからちょうど35年(1987年4月8日)の記念日にあたる。


新作劇場版の制作決定に寄せて、原作の北条司や冴羽獠役の神谷明に加え、TM NETWORKの小室哲哉からコメントが届いた。


<制作決定に寄せてのコメント>
【原作:北条司】
新作お待たせしました。アニメ第1話からちょうど35年にあたるこの⽇に、皆さんにお伝えすることができ感慨深いです。「Get Wild」もエンディングに使⽤されることが決定しました。内容はまだお話できませんが、今回の新作は、前回とはひと味もふた味も違ったものになりそうです。楽しみに待っていてもらえたら嬉しいです。

【冴羽獠役:神谷明】


知らせを聞いたときは嬉しかったですね。永遠のヒーロー、格好良い獠ちゃんが帰ってきます。ストーリー、音楽など、期待を裏切らない素敵な作品にしたいと思っています。「待たせたな。俺を呼んだのは君だろ!」

【TM NETWORK:小室哲哉】
「Get Wild」は『シティーハンター』がなかったら生まれていません。35年も愛してもらえるロングセラーのヒット曲なんて、いくら狙っても作れるものではないなと改めて思いました。「Get Wild」はもう「人」のような存在ですね。ありがたいことです。『シティーハンター』最新作、期待しております。


原作の『シティーハンター』は累計発行部数5,000万部。1987年にはTVアニメが放送スタートし、ハードボイルドな内容にも関わらず「もっこり」や「100tハンマー」などのコメディ要素も大きな話題を呼んだ。またアニメ『シティーハンター』(1987年)のオープニングテーマの小比類巻かほる『City Hunter ~愛よ消えないで~』と、エンディングテーマであるTM NETWORK『Get Wild』が同時にオリコンランキング10位内にランクインされたことも話題となった。


情報解禁に合わせ超特報映像も公開。まだまだ勢いを増す『シティーハンター』、その新作『劇場版シティーハンター』の今後の展開に期待が膨らむ。


▼『劇場版シティーハンター』超特報映像


▼前回の劇場版についてはこちらも

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)