江口拓也、初めての一人暮らしで“戸惑った”経験明かす「今思うと初々しいなって」

アニメ・声優 公開日:2022/02/28 13
この記事を
クリップ

顔面至上主義イケメン×ひねくれかわいい暴言姫のエロとろスクールラブ、待望の続編『ナカまであいして2』(原作:百瀬あん)のドラマCDが2022年4月22日に発売となる。前作(BLCDコレクション『ナカまであいして』)と同じく、顔面至上主義のイケメン・常盤蒼司(ときわ・そうじ)役を江口拓也、女子顔負けのビジュアルゆえに顔しか見ない人間に辟易している楪郁巳(ゆずりは・いくみ)役を土岐隼一がそれぞれ演じる。



今回は『ナカまであいして2』の収録を終えた直後の江口と土岐のオフィシャルインタビューをお届け。二人の仲の良さを感じるインタビューとなっている。



<BLCDコレクション『ナカまであいして2』より江口拓也(常盤蒼司役)、土岐隼一(楪郁巳役)オフィシャルインタビュー>

――収録を終えた感想をお願いします。

土岐:今回はCDの発売タイミングと、原作の二巻が出るタイミングが結構近い予定と聞きました。演じるドラマCDの原作を本屋さんで買うことがあるんですけど、「どこも売ってないな……」と思ったら、まだ発売されていなかったことに気付きました(笑)。連載中のデータをいただいて読んでみたら……今回は幸せいっぱいなエピソードが多くて!そんな二人のボリュームたっぷりなやり取りが収録されているので、今日は頑張ろうと気合を入れて来ました。やり切った疲労感と共に、新しい楪くんと常盤くんを見れたのでルンルンで楽しいという感覚もあります。皆様に手に取っていただけるのが楽しみです。

江口:土岐くんの言う通り、今回は原作が出来上がる前から企画が動いていて、実はまだ出来上がっていなかったり、世に出ていないような段階の原稿を資料としていただいて、「うわー!貴重なものを見てるな……」と思いながら。そんなテンポ感で作っているので、テンポ感など結構前の巻のことを覚えていて、楽しくスムーズに収録できたなと思います。が、なにぶんボリュームたっぷりだったもので(笑)。

土岐:ははは(笑)。

江口:きっと満足度の高い内容になっていると思います。

土岐:彼らがずっと一緒に添い遂げたとしたら、十年後には、「俺たちよくあんなことしてたな」なんて言っていそうな……。若気の至りという言葉がそのまま使えるシチュエーションが多いかも?(笑)

江口:十年後は……欲が無くなってたりして。

土岐:言っても十年後はまだ二十いくつ……だからきっと、まだまだ激しいんじゃないでしょうか(笑)。

江口:あははは(笑)頑張ってるかなー(笑)


――それでは、聞きどころを教えてください。

土岐:楪くんが常盤くんに仕返しをしようといたずらをする、ということが多いのですが、毎回結局しっぺ返しを食らってしまうのがすごくかわいかったですね……。その中でもやっぱりクリスマスのエピソード!下着をプレゼントされた楪くんの反応と、その仕返し方法が、一巻の二人の関係性では絶対になかっただろうな……と、二人の進展も感じました。一巻ではなかなかお互いの気持ちに素直になれなかった二人のその後の幸せが詰まっていてとてもよかったです。あとは、常盤くんの妹の美羽ちゃん。世渡り上手そうで常盤の妹っぽい~!と思いました。新しいキャラの登場も楽しみの一つですね。

江口:今回は二人が恋人になってからの話ということで。楪にとっては初めてのことだらけ、恋人としての感情や相手への接し方を知らないまま、色々な工程をすっ飛ばして恋人になっているので、そういったものの拾い集め作業みたいな話でした。常盤は慣れているけど、だからこそ今までになかった新鮮さや、「自分ってこんなことを思ったりするのか」みたいな気付きがあるので、二人のバランスと、その押し引きを是非聞いてほしいです。

土岐:あ、あともう一個あって……!BLならではの楪くんの嫉妬もおすすめです。常盤はもともと彼女がいたこともあって、ブラを片手で外せることにモヤっとするシーンもかわいらしいところなので、是非楽しんでください。

江口:うんうんうん。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)