アニメ『キングダム』第4シリーズ 豪華キャストらのコメント到着、メインビジュアルも公開

アニメ・声優 公開日:2022/02/17 5
この記事を
クリップ

2022年4月9日(土)24:00~NHK総合にて放送開始となる、TVアニメ『キングダム』第4シリーズ。メインビジュアルが公開になるとともに、原作者・キャストからのコメントも到着した。




本作は、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて、大人気連載中の原泰久による漫画『キングダム』のTVアニメ。原作コミックスは既刊累計8,400万部を突破し、2019年4月には初の実写映画が大ヒットを記録、社会現象となった。物語は春秋戦国時代の中国を舞台に、天下の大将軍を目指す少年・信(CV.森田成一)と、後の始皇帝となる若き王・嬴政(えいせい)(CV.福山潤)の活躍を描いた中華戦国大河ロマンで、TVアニメ第1シリーズはNHK BSプレミアムにて2012年6月から2013年2月、第2シリーズは2013年6月から2014年3月まで放送。そして第3シリーズでは、『キングダム』史上最大規模の戦いといわれる合従軍編(がっしょうぐんへん)がスタッフも新たに壮大な世界観で描かれ、2021年4月~10月まで放送された。待望の第4シリーズは、2022年4月より放送開始となる。


このたび解禁されたメインビジュアルには、信と嬴政、そして河了貂(かりょうてん)、羌瘣(きょうかい)、王賁(おうほん)らが、秦国・咸陽からその先へ、歩んでいる様子が描かれている。鋭く、力強い視線で正面を見据え、歩を進める彼らの様子は、まさに『希望を胸に、前へと進めー』と、中華統一へむけての熱い想いや願い、そして内に秘める静かな闘志を感じさせる。


また、原作の原泰久や豪華メインキャスト陣からのコメントが到着した。


原は『今年も4月からTVアニメ「キングダム」新シリーズが始まります!敵国五か国の連合軍との戦いであった第3シリーズ「合従軍編」から一転、今シリーズでは秦国内の権力争いにともなう戦いが色濃く描かれます。王弟・成蟜(せいきょう)の戦いを経て、嬴政は国内最大の障壁である呂不韋といよいよ対峙する時です。キングダムの前半期のピークを迎えます。著雍攻略戦での信達の活躍にも注目です。内容盛りだくさんの新シリーズもどうぞ宜しくお願い致します。』と、コメント。激動の展開が巻き起こる第4シリーズに期待が高まる。


メインキャストの信役:森田成一からは「前シリーズを越え、強靭な心と体—この身に宿る確かな“力”を武器に、第4シリーズも一生懸命に創っています!今春をうずうずしながら待っていて下さい!」、嬴政役:福山潤は「原作ファンも、アニメで初めての方の期待にも十二分にお答えできるエピソードがやってきます!合従軍を切り抜けてもまだまだ苛烈な状況は続いていく秦国。観て下さる皆様の熱い応援を期待いたします!!」と熱い想いをコメント。そして、河了貂役:釘宮理恵は「心身共にこれまでより一回りも二回りも大きくなり、中華の統一に向けて実践的な歩みを続けて行くことになります。このシリーズ中にも見逃せない大事なエピソードが沢山散りばめられていますので、ぜひ、余すところなくご覧いただけたら、と思います!!」、羌瘣役:日笠陽子は「信達の戦場と、政の戦場。場所は違って離れていてもそれぞれがそれぞれの戦いをする中で、前へ進んでいく。一人ではなくてどこかで繋がっていると信じられるからこそ今この場所で立っていられる。そんな浪漫が「キングダム」にはあるのです!!!政の本当の戦いが激化する第4シリーズ。見届けたいし、共に戦う気持ちで、アフレコに臨んでいきます。放送をお楽しみに。」、王賁役:細谷佳正は「第4シリーズでは遂に、王賁が喋ります。『喋った』と表現してもいいくらいに登場しています。ネタバレを防ぐために詳しくは書きませんが、王賁、今回、普通に、喋ります。僕にとっては、そこが嬉しい見どころです。皆さん、お楽しみに!」とそれぞれに見どころを語った。(コメント抜粋/全文は次項)


さらにOP&EDテーマが、新進気鋭のアーティスト2組に決定。OPテーマは、2020年夏に彗星の如く現れた音楽ユニット「SUIREN(すいれん)」で、『黎-ray-』。そして、EDテーマは、同じく2020年の12月に音楽活動を開始したシンガーソングライター「珀(はく)」で『眩耀(げんよう)』となる。

【画像】OP&EDテーマ担当アーティストを見る


TVアニメ『キングダム』第4シリーズは2022年4月9日(土)24:00~NHK総合にて放送開始(予定)。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)