『進撃の巨人』が異例の快挙、世界が熱狂し海外アワード連続受賞

アニメ・声優 公開日:2022/02/10 7
この記事を
クリップ

世界中から注目を集めるTVアニメ『進撃の巨人』シリーズが、Global TV Demand Awardにて、世界の視聴者から最も需要が高いTVシリーズに与えらえるMost In-Demand TV Series in the World 2021を獲得した。これは、アニメのみならず、世界中のドラマも含むTVシリーズが対象となり、『ペーパーハウス』『ウォーキング・デッド』『ワンダヴィジョン』らそうそうたるノミネート作品を押さえて年間大賞を受賞するという日本のTVアニメとしては異例の快挙を成し遂げた。



さらに、第6回 Crunchyroll Anime Awardsにて、アニメオブザイヤーを含む5部門にて賞を獲得した。昨年放送されたTVアニメ『進撃の巨人』The Final Season Part 1が対象となり、アニメオブザイヤー、最優秀オープニング賞(神聖かまってちゃん『僕の戦争』)、最優秀悪役賞(エレン・イェーガー)、最優秀声優賞日本部門(エレン・イェーガー役 梶裕貴)にて受賞。まさにキャラクターたち同様に海を越えて、世界中で快進撃を続けている。


そして、放送中のTVアニメ『進撃の巨人』The Final Season Part 2では、オープニング楽曲のSiM『The Rumbling』が、各国のチャートにもランクインし、iTunes Rockチャートで33ヶ国トップ10入り、Apple Music Rockチャートでは39ヶ国トップ10入り。35ヶ国でShazamTOP200にランクインした他、Spotifyグローバルバイラルチャートでも3位、66ヶ国でトップ50入り、6ヶ国で1位を獲得している。さらに1月29日付の米ビルボード・ホットハードロックソングチャートでは首位を獲得し、世界のロックシーンで反響を呼んでいる。エンディング楽曲のヒグチアイ『悪魔の子』もApple Music J-Popチャートにて91か国で1位を獲得、118か国でTOP10入り、Spotifyグローバルバイラルチャートで5位、6カ国で1位を獲得など世界中のチャートを席巻中である。


エレン達の物語も最終章を迎え、遂に地鳴らしが発動され、クライマックスに向けて目の離せない展開が続く『進撃の巨人』The Final Season Part 2は、現在NHK総合にて毎週日曜日24時5分から放送中。


▼PV


■TVアニメ『進撃の巨人』The Final Season Part 2

NHK総合にて、毎週日曜24:05~放送中
※dTV、dアニメストア、GYAO!、Netflix、TELASA、ひかりTV、U-NEXT、Amazon Prime Videoにて、毎週月曜12:00~配信中

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)