神谷浩史、たった一言で様々な感情を表現する姿がすごい!スタッフも思わず…

アニメ・声優 公開日:2022/01/07 11
この記事を
クリップ

一般社団法人不動産証券化協会は、声優の神谷浩史上坂すみれを起用した新テレビCM「資産形成はじめるなら、Jリート」シリーズ全4本を、2022年1月8日(土)から関東エリアで放映開始する。また、CM放映に合わせ、1月7日(金)午前10時より特設サイトもオープン。


本テレビCMでは、『進撃の巨人』リヴァイ役、『ワンピース』トラファルガー・ロー役などで知られる声優の神谷浩史と、『中二病でも恋がしたい!』の凸守早苗役や『スター☆トゥインクルプリキュア』のユニ/キュアコスモ役などで知られる声優アーティスト・上坂すみれを起用。レコーディングスタジオに入り、「Jリート」というたった1つのセリフを、様々な声で表現し収録していくという内容になっている。


神谷出演の「Jリートへの信頼感」篇と、上坂出演の「Jリートへの親近感」篇では、音響監督の指示に従い声色を変えながら収録している様子を映している。神谷は揺るぎない心を声に込めて信頼感を、上坂は愛をこめてJリートへの親近感を表している。

また、2人がそれぞれ出演する「Jリートの印象」篇では、「Jリート」というセリフを、お題に沿って表現することに挑戦。神谷は“堅実さ”“楽しさ”“頼もしさ”“期待感”を、上坂は“一途さ”“スケール感”“優しさ”“期待感”を声で表現している。

【画像】CM中の様子(全22枚)


実力派声優の二人だからこそできる、様々な声の表現「Jリート」に注目だ。

<撮影エピソード>

スタジオ入りした2人が身にまとっていたのはカラフルな洋服。神谷は紫色の襟で黄色、青色、緑色、赤色のボーダーが特徴的な洋服。一方上坂は、ブルーをベースに金色の鳥がプリントされた、胸元の大きいピンク色のリボンが特徴のワンピースで登場。スチール撮影では普段見ることのない2人のメガネ姿も見ることができた。

神谷は、お題となる感情表現についての説明を真剣な表情で聞いていた。たった一言での感情表現の演じ分けにも関わらず、すぐにその感情を表現。実力を存分に発揮する姿に、スタッフからおもわず「さすが」という声がこぼれた。上坂は、「Jリート」のセリフに合わせた手振りも熱心に確認。5秒間で可愛らしい声やシリアスな声など4種類の声色で、「Jリート」と連呼する収録の際にも見事に演じ分けていた。その後もテンポよく表現し、難しい撮影を見事に演じきっていた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 22件)