志尊淳「こんな大役、自分に務まるのか」超大型アニメ映画『バブル』公開決定

アニメ・声優 公開日:2021/12/07 10
この記事を
クリップ

『進撃の巨人』の荒木哲郎監督と日本を代表する最高峰のアニメクリエイターが集結した超大型オリジナルアニメ『バブル』が、2022年5月13日(金)に劇場版公開が決定。ティザービジュアル、特報映像が一挙解禁。超豪華声優陣も明らかになった。



2013年から放送がはじまり、その圧倒的なクオリティかつ、立体機動による躍動感あふれるアクションが世界中で大きな話題となったアニメ『進撃の巨人』の荒木哲郎監督とWIT STUDIOの強力タッグで贈る超大型オリジナルアニメ『バブル』は、2022年5月13日(金)に全国公開、NETFLIX版として2022年4月28日(木)に全世界配信されることが決定した。


本作の舞台は世界に降り注いだ泡〈バブル〉で、重力が壊れた東京。ライフラインが閉ざされた東京は家族を失った一部の若者たちの遊び場となり、ビルからビルに駆け回るパルクールのチームバトルの戦場となっていた。ある日、危険なプレイスタイルで注目を集めていたエースのヒビキは無軌道なプレイで重力が歪む海へ落下してしまった。そこに突如現れた、不思議な力を持つ少女ウタがヒビキの命を救った。そして、2人にだけ特別な音が聞こえた…。なぜ、ウタはヒビキの前に現れたのか。二人の出会いは、世界を変える真実へとつながる。


本作の監督を務めるのは日本が誇るアニメーション監督、荒木哲郎監督。アニメ『進撃の巨人』の立体機動アクション映像で世界中の度肝を抜き、極限の人間像や絶望から這い上がるカタルシスで世界中の共感を掌握した次回作が最も切望される監督だ。さらに、脚本に『魔法少女まどか☆マギカ』で社会現象を巻き起こした虚淵玄。キャラクターデザイン原案には週刊少年ジャンプ誌上で描かれた人気作『DEATH NOTE』『バクマン。』の小畑健。音楽はアニメ映画『プロメア』、『機動戦士ガンダムNT』や、『進撃の巨人』などの澤野弘之。数々のヒットアニメの楽曲を手掛けてきたが音楽面からダイナミックに盛り上げる。


また、本作を制作するWIT STUDIOは荒木監督と共に世に送り出した『進撃の巨人』で、アニメ史を塗り替える作画技術と、卓越したアクションワークで、業界のみならず世界に衝撃を与えた。アニメファン垂涎の豪華クリエイターたちが新たに生み出した映画『バブル』は、一体どんな作品になっているのか。今後、公開まで、さらなる注目を集めていくに違いない。


解禁されたティザービジュアルには、さかさまになった水没した東京・渋谷を背景に、空に浮かぶバブルに掴まる少女ウタの姿が描かれる。リアルと幻想が入り混じる美麗な印象的なビジュアルになっており、小畑健がその圧倒的な画力で描くウタが初お披露目となった。


また、あわせて解禁となった特報映像には、バブルによって海に沈んでしまい、時がとまってしまった都市・東京が映し出される。息をのむほど美しいその景色をバックに、まさにその世界に入っているような没入感を感じさせる圧倒的躍動感のあるグラビティ・アクション。短い時間ながらもクオリティの高さが十二分に伝わるその映像から、本作の完成に期待がより一層高まる。


さらに、豪華声優陣の情報も明らかに。


主演・ヒビキの声を務めるのは、ドラマ・映画・舞台で作品毎に確かな演技力で様々な表情を見せる若手実力派俳優・志尊淳。今回、オファーを受けた時は「アニメ界のとてつもなく素晴らしいクリエイターの皆様とのお仕事。こんな大役、自分に務まるのか。お話を頂いた時はその気持ちでいっぱいでした。」と当時の心境を語り、本作の世界感を体感したときには「この作品の中で生きられることを想像する度、高揚したのを覚えています。アフレコをしてみて、アニメーションがどのような工程を踏んで作られていくかを間近で見させて頂き、その計り知れない労力にしっかりと色を加えられるよう、できる限りに演じました。これは本当に沢山の方々に見て頂きたいです。こんな素晴らしい作品に携われたこと、幸せに思います。」と語った。


またアフレコを経て、荒木監督は「志尊淳さんとお仕事できたのは光栄でした!穏やかな中に芝居への情熱と、高い技術が感じられました。繊細でちょっと近づきがたい主人公ヒビキを、見事に演じて頂きました。」と絶賛している。


そして共演には、『DEATH NOTE』夜神月役の宮野真守、『進撃の巨人』エレン・イェーガー役の梶裕貴、『甲鉄城のカバネリ』生駒役の畠中祐といったこれまでの荒木組の作品で主演を務めてきた豪華人気実力派声優の出演が決定。


宮野は本作の出演にあたり、「“荒木哲郎×虚淵玄×小畑健”という夢のような企画に出演できる事…、本当に嬉しく思っています。みなさまにはとてもお世話になっておりまして、宮野のターニングポイントになる作品ばかりなんです。」と語り、梶は、「僕という声優を形成する細胞には、確実に"荒木ゲノム"が組み込まれています。今回のこの『バブル』では、どんな潜在的アイデンティティを引き出してもらえるのか…個人的に、ものすごく楽しみです。」とコメント。また、畠中は、「(甲鉄城の)カバネリでご一緒させてもらった時、とんでもなく熱量の高い現場で、荒木さんが、僕ら役者に、丁寧に丁寧に向き合ってくださって、本当にその記憶が忘れられません。そんな荒木さんがガチで作る映画『バブル』が、面白くないわけないのです!!!」と荒木監督と再び組む事への興奮と映画『バブル』への期待が寄せられた。本作では、彼らが一体どんなキャラクターを演じるのか、そしてどんな化学反応をみせるのか、期待せずにはいられない。

【関連】宮野真守、個性が強烈なダンス講師役「アドリブなので楽しんでもらえたら」


人気・実力共にトップクラスのクリエイターが集結した超大型オリジナルアニメ映画『バブル』。解禁されたビジュアルや映像からも伝わるその圧倒的な世界観はまさに没入型。さらに超豪華声優陣の出演など、続報にも注目だ。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)