豊田萌絵&伊藤美来「感情移入しまくり」「刺激的」な朗読挑戦、二人の“ウラ”の顔は…?

アニメ・声優 公開日:2021/12/23 5
この記事を
クリップ

声優の豊田萌絵伊藤美来が、人気ライトノベル「声優ラジオのウラオモテ」のオーディオブック(『ListenGo』で独占配信中)で朗読を担当している。


「声優ラジオのウラオモテ」は、『第26回電撃小説大賞』の大賞受賞作品。オモテは仲良しアイドル声優コンビ、ウラ(素)はギャルと根暗地味子という相性最悪な二人の女子高生が、ラジオ番組のパーソナリティを務め、一緒に成長していく青春声優エンタテインメント。


過去にPVやコラボラジオで伊藤美来が「歌種やすみ(佐藤由美子)」を、豊田萌絵が「夕暮夕陽(渡辺千佳)」を演じているが、オーディオブックでは、1巻ずつ交互に朗読を担当。配信中の1巻『声優ラジオのウラオモテ #01 夕陽とやすみは隠しきれない?』では、豊田が夕暮夕陽はもちろん、歌種やすみ含め全キャラクターのセリフや地の文をひとりで朗読。そして本日配信が開始された2巻『声優ラジオのウラオモテ #02 夕陽とやすみは諦めきれない?』では、伊藤がすべてを担う。


今回がオーディオブック初出演の豊田と伊藤。収録を終えた二人にインタビューを行った。



<豊田萌絵&伊藤美来 インタビュー>

Q.今回収録を担当した『声優ラジオのウラオモテ』について、作品の第一印象を教えてください。

豊田萌絵(以下、豊田):第一印象は、声優ラジオという題材をどういう風に描いているんだろう!?と興味を持ちました。実際に読んでみると痛いほど気持ちがわかる描写や声優やラジオについての造詣が深くとても感動しました。


伊藤美来(以下、伊藤):最初に知った時は、声優ラジオが題材になっているお話なんて斬新で面白そう!と思いました。私自身も声優で今もラジオをやったりもするし、主人公たちが女子高生声優という事でどんな事が描かれているのかドキドキしながら読み始めたのを覚えています。業界のリアルとキャラクターたちの可愛さが混ざりあってとても物語に引き込まれ、どんどん続きが読みたくなりました!


Q.この作品の魅力はどんなところでしょうか?

豊田:キャラクターそれぞれの心理描写がとても細かくとにかく感情移入してしまいます。まさに、笑えて泣ける青春エンターテイメントです!!


伊藤:こんな事までなんで知ってるの!?って思うくらい収録風景の描写がリアルで、読んで下さる方は“こんな感じでラジオって録ってるんだ!”と面白く感じられると思います!また、キャラクターたちがとても人間らしく問題にぶつかったり悩んだりしている姿は背中を押されますし、共感して涙してしまうほどです。それぞれのキャラクターの心の動きが細かく描かれていてすごい入り込んじゃいました。


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 4件)