津田健次郎×浪川大輔「超電導db」舞台、dTVで見放題スタート

アニメ・声優 公開日:2021/11/16 6
この記事を
クリップ

『呪術廻戦』七海建人役などの津田健次郎と、『ルパン三世』石川五ェ門役などの浪川大輔がタッグを組んだ異色ユニット「超電導dB(デシベルズ)」。声優のみならず、舞台やテレビドラマ、バラエティ番組などでも幅広く活躍するふたりが出演&クリエイティブプロデューサーを務め、2019年に東京と大阪で開催された舞台『SHOW MUST GO ON』が映像配信サービスdTVの見放題作品としてスタートした。


 


ショーの舞台になるのは、声優たちが普段仕事をしている、とあるアフレコブース。津田健次郎と浪川大輔のほか、日替わりで豪華ゲストが登場し、お調子者なディレクターがふっかける無理難題のオファーに翻弄されていくコメディ。ディレクター役を務めるのは、マンガやアニメ好きで知られる芸人・ハライチの岩井勇気。絶妙なボケをかましながら進行役を務め、アドリブとも本気ともわからないノリはさすが。彼のむちゃ振りに熟練の声優陣が応えながら、笑えて泣ける(?)ショーが展開される。数々の名キャラクターに命を吹き込んできた声優キャストのスキルと美声を堪能しながら、普段は見られないキャスト本人のリアクションや関係性が楽しめるのもポイントだ。


今回配信されるのは、「2019年9月14日~15日に開催された東京公演の夜の部」と「2019年9月21日~22日に開催された大阪公演の夜の部」。ゲストには、『黒子のバスケ』の黒子テツヤ役などの小野賢章、『鬼滅の刃』の我妻善逸役などの下野紘、『ONE PIECE』錦えもんや、ブラッド・ピットの吹替などを務めるベテラン声優・堀内賢雄が登場している。各世代の人気&実力派声優が一同に介し、生の舞台上で生まれる化学反応はその時一度きりのもの。


超貴重な舞台を、ぜひdTVでチェックしてみては?


(C) 「超電導dB」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。