大塚明夫の声がハマりすぎている“馬主”にまさかの娘?!声優は新世代アーティスト

アニメ・声優 公開日:2021/10/27 6
この記事を
クリップ

株式会社ディー・エル・イー(以下DLE)は、日本中央競馬会(JRA)のオリジナルアニメ『猫ジョッキー』の2期に、新キャラクターの声優として新世代アーティスト・みゆはん が参加することを発表した。



本作は「勝てないサラブレッド・マンネンビリーを一流馬にすべく現れた救世主は、猫のジョッキー!? マンネンビリーを世話する調教師と風変わりな馬主、実力の程は定かでないが可愛さだけは日本一の猫ジョッキーが勝利を目指す!」という、四足歩行on the四足歩行でお届けする不思議な雰囲気を持つ癒し系(?)アニメ。

 

2021年5月に全4回で放送された本作は、ジョッキーの格好をしてはいても、誰がどう見たって「猫」の猫ジョッキー(CV:湯浅雅恭)の可愛さと、猫ゆえに多発する問題に翻弄されながらも奮闘する調教師(CV:浅川聡)や、猫ジョッキーを連れてきた謎多き馬主(うまぬし/CV:大塚明夫)、猫をライバル視するスタージョッキーの馬乗上手男(うまのり うまお/CV:大野智敬)など、個性の強いキャラクターとシュールな展開がSNS上で話題となった。



今回の『猫ジョッキー』2期には、新たなキャラクター「馬主子(うま ぬしこ)」の登場が決定。個性豊かなキャラの中でも、強烈な個性で話題をさらった馬主の愛娘で、口数が少なく、父親である馬主との仲もどうやらうまくいっていない様子……。本物語に新たな問題を起こしそうなキャラだ。


馬主子の声優は、次世代歌姫であり、声優、デザイナーなどさまざまな活躍を見せる みゆはん が担当する。

2021年にはAdoに『会いたくて』(映画『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル』の挿入歌)を楽曲提供もするなど活躍を見せている彼女。アニメ『けものフレンズ』ではスナネコの声優としても出演し、本人が愛猫家ということもあり「『猫ジョッキー』にもぜひ参加を! 」とキャスティングが決定した。


馬の上に猫。シュールな見た目で話題をさらったJRAオリジナルアニメ『猫ジョッキ―』。新たなキャラも登場し、ますますパワーアップする11月のオンエアに期待が高まる。


馬主子(うまぬしこ)CV:みゆはん

馬主の娘。20歳くらい。口数が少ない。基本斜に構えた性格で物事をうがった目で見るが……。物語を通じて新しい自分なりの道へと向かっていく…!?

キャストコメント
内向的で猫とゲームが好きで……どこか少し自分と似ているところのある馬主子を演じることはとても楽しかったです。私も怒ると馬主子みたいなテンションになるので収録中はブチ切れてました(笑)。





■『猫ジョッキー』第1期第1話「猫ジョッキー、登場」



■『猫ジョッキー』第2期
2021年11月4日より 毎週木曜日23:10~放送(全4回)朝日放送テレビ 
配信メディア
※朝日放送テレビ放送後 即時配信開始。
TVer
GYAO!
YouTube(DLEチャンネル)


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)