人気声優 豊田萌絵&伊藤美来が「いいことしよ♡」「ぶっ飛ばす!」生放送でまさかのパクリ合い

アニメ・声優 公開日:2021/10/29 18
この記事を
クリップ

豊田萌絵伊藤美来が10月4日に行われた『声優ラジオのウラオモテ』オーディオブック発売記念特番 presented by ListenGoに出演した。放送終了後の二人の感想コメントも到着。独占レポートをお届けする。


開始早々、気になったのは…

『声優ラジオのウラオモテ』は、オモテは仲良しアイドル声優コンビ、ウラ(素)はギャルと根暗地味子という二人の女子高生が、ラジオ番組のパーソナリティを務める青春声優エンタテインメント。生粋のギャル「歌種やすみ(佐藤由美子)」と、同じ高校に通う相性最悪な「夕暮夕陽(渡辺千佳)」は、お互いにライバルとして強く認識しながらも、その実力を認め合い一緒に成長していく。過去にPVやコラボラジオで伊藤美来が「歌種やすみ(佐藤由美子)」を、豊田萌絵が「夕暮夕陽(渡辺千佳)」を演じている。


生配信開始早々に二人が反応したのは、なんとスタジオに用意されて自分たちが座っている学習机。豊田は「これ教室の机じゃん!座るのいつぶり!?」と学校にある学習用机に大興奮すると、伊藤は前面に貼ってあるサイズを表すシールに興味を示して「これなに?この机は大人用?」と謎の天然ボケ。

 

それに豊田は「そもそも大人は買わんやろ!」とツッコむものの「いや、高校生も使うか…。このテーブルに久々に座れたので嬉しい!眠るのにちょうどいいサイズ」とこちらも天然系。


伊藤から「テーブル?勉強机でしょ!?」とツッコまれていた。


キャスティングも“ウラオモテ”?

演じる佐藤由美子について伊藤は「見た目からしてめっちゃギャル。でも義理と人情に厚く、友達と地元を大事にする心の温かさがある。でもオモテの顔である歌種やすみは王道の清純アイドル」と紹介。豊田は演じる渡辺千佳について「友達いないし陰キャだしコミュ力低い地味子だけれど、オモテの顔である夕暮夕陽はおっとり系の正統派。そのギャップがいい」と分析した。また豊田はキャスティングについて「最初の頃は私がギャルの佐藤由美子でキャラ的に逆ではないかと思われていたけれど、意外や意外、演じるうちに馴染んだ。私たちのキャスティングのウラオモテ感も楽しい」と述べた。


『声優ラジオのウラオモテ』の魅力について伊藤は「色々とリアル。声優業界のあるあるがリアルに描かれている」と実感を込める。豊田は「マブ」と表しながら「マブなんて久方ぶりに言った!」と死語に照れつつ「二人の関係は友達を超えてマブダチ。絆が深まるエピソードも多いし、徐々に友情を深めて心を深めていく流れが上手に描かれている。これってまさに青春。二人の関係はマブだと思う。私の青春時代も思い出させてくれた」と熱弁していた。


収録で「ゲシュタルト崩壊が起きる」

オーディオブック『ListenGo』の収録についての話題では、すでに収録を終えた豊田が感想を述べた。「キャラの演じ分けは楽しかったけれど、セリフ以外の部分を8時間くらい読んでいるとゲシュタルト崩壊が起きる。声優業ではセリフしか声に出さないので、小説ならではの説明文を口に出そうとすると脳内がビックリする。けれども最後まで楽しくリズムを掴みながら収録することができました」と充実報告。すでに音源を聞いたという伊藤は「スッと耳に入って来てあっという間に聴き終わった」と絶賛していた。


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 9件)