江口拓也「アイの特別授業」思わずニヤリとしてしまう“あのセリフ”の元ネタは…

アニメ・声優 公開日:2021/09/24 7
この記事を
クリップ

株式会社アイセイが9月10日より公開している「アイの特別授業」が、公開からじわじわと話題を拡大中。公開初日で1000人を超える参加者とともに、さまざまな声がWEB上で広がっている。


「アイの特別授業」は、人気声優の江口拓也がキャラクターボイスをつとめる「アイセイせんせー」というキャラクターと、Twitterでやりとりが出来るコンテンツ。Twitterの回答機能により、さながら恋愛シュミレーションゲームのような感覚で楽しむことが出来る。教室や職員室、廊下など様々なシチュエーションで巻き起こるイベントに4択で答えると、答えに応じて胸キュンボイスが聴ける選択肢が含まれており、全12話のストーリーが順次公開されていく。毎週月・水・金曜日更新となり、1話につき投稿は4回(12:00/15:00/18:00/21:00)、1投稿につき1回チャレンジできる。(9月10日~10月10日まで実施)

【関連】江口拓也が担任教師に!様々なシチュエーションで“胸キュンボイス”が聴けるかも?


8月16日より人気声優E氏として名前を伏せていた江口拓也のサンプルボイスをもとに「アイセイせんせー」の姿を予想するイラスト募集企画「アイセイせんせー予想大会」では、公開日までの募集ではあったものの、美麗なイラストが多数投稿された。さらに、公式Twitterが声優の正体を匂わせたツイートを投稿すると、江口拓也ではないかと予想を的中させる方も少なくなかった。


実は「アイの特別授業」でアイセイせんせーが喋るセリフには、アニメファンならピンと来るフレーズが盛り込まれている。例えば、アイセイせんせーが口にする「いい返事だった…生徒の鏡だ。」というセリフは、某人気格闘漫画・アニメシリーズにおける名台詞「いい喧嘩だった…不良の鏡だ」を彷彿とさせる。さらに 「僕が瞳のことを教えて、君が瞳のことを知れば、瞳を傷つけずにすむんだ。」  というセリフは、イケメンアイドルが登場する某アニメにおけるセリフ「好きなことを歌って。アナタを教えて。そうすれば、アナタを知って、アナタを傷つけずにすむ。」に似た言い回しである。今後もファンが思わずニヤリとしてしまうセリフが来ることを期待しよう。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ